« 夏風邪連鎖 | トップページ | ピュアレーサーは見送り »

2008.07.15

大平街道は別世界

土曜日にみーちゃん氏が夏風邪に罹患。39度近い熱で、次女Y氏の幼稚園行事はボクがピンチヒッターで一緒に行ってきた。
そして、翌日には夫婦揃って寝込んだ…。兎小屋、恐るべしshock

日曜日はダイハツボンシャンス飯田の面々に付いて150kmの山岳コースに挑戦したかったけど、朝から発熱で動けなかった。
そして、今日も熱が続いている。昨日は外せない所用で無理して出掛けたのだけど、まったく仕事にならなかったし、早く復調しないかなぁ。
自転車始めて体力がついたと思っていたのだけど、加齢に負けてるのかも…。もっと、トレーニングメニューや食事にも気を配る必要があるのだろうね。

さて、土曜日はブレアサイクリングさんの呼びかけで走行会があった。
梅丹本舗GDRエキップアサダの福島晋一選手が特別参加と、今回も豪華な企画。

ブレアサイクリングオーナーで、ダイハツボンシャンス飯田監督でもあるザッキーさんこと山崎店長はじめ、ボンシャンスメンバーも一緒に走った。

コースはJR天竜峡駅近くのブレアサイクリングさんからJR飯田駅を経由して大平街道を南木曽町へと抜け、R256で清内路峠を越えて戻るルート。

この日も最高気温は33度。日向はもっと気温が高かったことだろう。
梅雨のまっただ中ってこともあって、相変わらず湿度も高い。ところが、大平街道も松川ダムを過ぎる頃には木陰も多く、沢からは冷風が下りてきて避暑気分。
脚は重かったけど、快適に登って行ける。

体調がイマイチで、ボクは大平宿まで一人旅でしたbearing

写真は、福島選手を先頭に清内路峠を登るボンシャンスのメンバー。

坂隊の隊長さんにきたさん、みやさんにワニさんの5人で峠にあるトンネル手前までついて行き、僕等は旧道へ。
その後ワニさんと別れ、横川峠へ迂回してから天竜峡へと抜けた。

後半は意外に脚が回って、日曜日の150kmは大丈夫そうだなぁって思ったんだけどね。
結局、風邪に負けました。

楽しい機会を作ってくださったブレアサイクリングさんと福島晋一選手に感謝。

Dist 105.42km,Time 04:32.55,Ave 23.2km/h,Max 68.8km/h

|

« 夏風邪連鎖 | トップページ | ピュアレーサーは見送り »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/41842126

この記事へのトラックバック一覧です: 大平街道は別世界:

« 夏風邪連鎖 | トップページ | ピュアレーサーは見送り »