« 自転車人 Vol.012 Summer 2008 | トップページ | ウィルコム解約と第2世代携帯電話サービスの終了 »

2008.07.19

梅雨明け夏本番、早起きしなくちゃね

午後から走りへ行った。暑い…。

涼しいはずの大平街道へ向かう。

いつもなら松川ダムを越えたあたりから涼しさを感じられるのに、今日は沢からの冷気がないと暑さがこたえる。

暑気が酷いので、ペースは抑えて上った。
途中、4名ほどのサイクリストと挨拶を交わした。

普段よりも10分ほど遅いペースで大平宿着。
お休み処大平で休憩。大平宿は爽やかな風が抜けて涼しかった。でも、気温は29.5度と今年一番の暑さなようだ。
ちなみに、市街は34度を超えている。

そもそも、盛夏の昼日中にサイクリングというのが間違っている。
いくら涼しい高原を目指しても、途中はとても暑い。暑すぎて負荷もかけられないし、トレーニングにもならない。

この季節は、夜明け前に起き出して朝練するか、夕刻から夜練にすべきなんだろうね。

清内路峠を越えた。
清内路村は軟水の美味しい湧水が多い。この時期はとくに嬉しい。

写真の清水はとても冷たかった。しかも旧道なので、ポリタンクを抱えた観光客もいない。

国道の下りは観光バスが多く、ちょっとストレス…bearing。ここで踏めなきゃ、本当にただのサイクリングだな。トホホ。

天竜峡へ周り、ブレアサイクリングさんへ寄ってから帰宅。いやぁ、暑かったwobbly
こんな日に神坂峠越えに挑んだ高校生もいたそうで、スーパー中学生の登場といい、近い将来、地元出身のボンシャンス選手が生まれるか?楽しみです。

Dist 79.69km,Time 03:19.28,Ave 24.0km/h,Max 64.3km/h

|

« 自転車人 Vol.012 Summer 2008 | トップページ | ウィルコム解約と第2世代携帯電話サービスの終了 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/41905418

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明け夏本番、早起きしなくちゃね:

« 自転車人 Vol.012 Summer 2008 | トップページ | ウィルコム解約と第2世代携帯電話サービスの終了 »