« 久堅周回 | トップページ | キャットアイCC-CD200を315円でステムへマウントする »

2008.07.25

クランクとBBを交換

ディスクシクロのクランクを170mm長から172.5mmへ延伸した。

170mmのクランクはFSA ISIS規格、172.5mmはシマノ HOLLOWTECH II規格の製品を選んだため、BB(ボトムブラケット)まで交換する必要がある。

尚、ディスクシクロのコンポーネントはシマノの8s SORAで、クランクは10s対応のTruVatiV Roulerだった。
今回はシマノのFC-6603とした。8sや9sでもギヤ比のキャパティシーさえ合っていれば使えることを確認している。

以下、交換手順を図示する。

クランクのフィキシングボルトを8mmのアーレンキーで外す。

写真の工具はシマノ TL-WR38

ワンキーリリースタイプのフィキシングボルトであれば、写真のようにボルトを弛めると、そのままクランクが外れるようになっている。
オクタリンククランク抜き用アダプターをBBのフィキシングボルトネジ穴へ挿入する。

スクエアテーパーのBB軸なら、このアダプターは不要。
ISISやオクタリンクでは必要となる。

写真はシマノ TL-FC15
クランク抜き工具をねじ入れる。

写真はシマノ TL-FC10 コッタレス・クランク専用工具
16mmと19mmのレンチでクランク抜きを押し入れ、クランクを外す。

写真では16mmの代わりに17mmのレンチを使っている。

尚、19mmレンチの代わりにクランクを持っても抜けるが、クランク抜き工具がクランクに固くねじ込まれることがあるので、写真のようなやり方をしている。
BB軸に残ったオクタリンククランク抜き用アダプターを指で摘んで外し、右側のクランクも左クランクと同様な手順で外す。
ISIS規格のカートリッジタイプBB用アダプター戻し工具で左ワンを弛める。

工具とワンとの噛み合わせはシマノと互換性はあるが、BB軸径が太いのでシマノの工具は使用できない。
逆に、FSA ISIS用のBB戻し工具はシマノのカートリッジBBでも使用できる。

写真の工具はFSA ISIS BBカップツール

写真のBBはJIS対応なので、左ワンは正ネジ、右ワンは逆ネジとなっている。

BBが固く締まっていたので、1/2インチソケットを使って自動車用工具(スナップオン・ソケットレンチ・スピンナハンドル)をジョイントしてトルクを掛け弛めた。

FSA ISIS BBカップツールは、こういった使い方ができるので便利だ。

写真のような撓みの少ないロングバーのユニバーサルジョイントレンチ(スピンナハンドル)なら、固く締まったBBを苦もなく外すことができる。
勿論、締め込む際は自転車用を使用すること。BBハンガーを壊してしまいます。

左ワンが緩んだら、右ワン(逆ネジ)も弛める。そして、左ワンを外した後に右ワンごとBBを外す。
BBハンガーのネジ山を掃除し、新しいグリスを塗布してから、シマノのホローテック2用BBを手で締め込む。
ホローテック2BB取り付け工具で規定トルクまで締め込んで、完全に固定する。

写真の工具はシマノTL-FC32

尚、オクタリンクやISISなどのカートリッジBBでは、右ワンと左ワンとを交互に徐々に締めながら完全に固定したが、ホローテック2タイプのBBは、左ワンを完全に固定してから右ワンを完全に固定するという手順で問題ないようだ。
シャフト一体の右クランクをプラハンマーなどでBBに押し込み、左クランクをBBシャフトに填める。
嵌合部にはグリスを塗布している。

左クランクキャップ(樹脂製)を専用工具でしっかり締めてから、左クランク固定ボルトを5mmのアーレンキーで締める。

固定ボルトにはグリスを塗布し、対面するボルトを交互に締めてゆく。

写真の工具はシマノTL-FC16

ちなみに、ホローテック2のBBはトリプル、ダブル共用になっている。
トリプル用のクランクはBBシャフトが長く、チェーンライン調整用に樹脂製のスペーサーが付く。スペーサーを忘れずに組み付ける。


FSAのBBカップツールとスナップオンのスピンナハンドルの組み合わせのお陰で、BB交換作業は大した手間もなく完了した。
スピンナハンドルを貸してくださった友人A氏に感謝。
また、ホローテック2用の工具は、先々週と同じく坂隊のみやさんにお借りした。毎度ありがとうございます。

トラバティブのクランクに対して、シマノのクランクは2~3mmほどQファクターが狭いようだ。
だからといって、チェーンリングがチェーンステーに干渉するなんてことは無かった。
フロントディレーラーワイヤーの引き量と、羽の角度、そして動作範囲の制限調整ネジを微調整して、すべての作業を終えた。

クランクの剛性と変速性能が向上した。クランクセットが軽い分、車重も減った筈だが、計量していない。
クランク長が2.5mm伸びた効果は、8月3日のエンデューロごっこである程度評価できるかな? 楽しみだ。

早朝サイクリングの時間をクランク交換へ当てたので走れなかった。
夕方、注文した部品を受け取りにブレアサイクリングさんへ行くついでに試走した。

良いね!ギヤが新しいこともあってか、変速性能も格段に向上した。
インナートップでFDに干渉しているが、調整の余地はまだある。しかし、実用ではインナートップに入れることはまず無いので、再調整は不要だろう。

|

« 久堅周回 | トップページ | キャットアイCC-CD200を315円でステムへマウントする »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/41964921

この記事へのトラックバック一覧です: クランクとBBを交換:

« 久堅周回 | トップページ | キャットアイCC-CD200を315円でステムへマウントする »