« FAX新調 | トップページ | 松本縄手かえるまつり見物 »

2008.06.28

下栗の里を登る

遠山川沿いから下栗の里を登った。

本村の葛折りを登り切り、そのまましらびそ高原まで。

湿度が高く汗びっしょりのヒルクライムだったが、途中陽も射してまずまずの天気となった。
思った以上に雲の垂れ込めるのが早く、御池山林道からの南アルプスの眺望は、峰峰が雲の中だったのは残念だったけど。


本村を登り切ったあたりで、エッグビーターCのスプリングが折れて左のクリートがロックされなくなったのにはまいった。

クランクブラザーズ(CRANKBROTHERS)の4面キャッチビンディングペダルのスプリングが折れて使えなくなったのは、昨年のキャンディCに引き続き2度目。
しかも、スプリングの交換はできないときている。
耐久性なさ過ぎだ。2千キロしかもたなかったキャンディCに比べれば、倍近い3千8百キロもった訳だが、他社のペダルに比べると寿命が短かすぎると思う。
決して安い製品では無いのだから、この程度しかもたないのなら仕様として明記して欲しいものだ。
取り敢えず、使い初めて1年経っていないので、保証修理可能かを代理店に相談してみるつもり。

Dist 155.55km,Time 7:40:22,Ave 20.2km/h,Max 58.0km/h

|

« FAX新調 | トップページ | 松本縄手かえるまつり見物 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/41673468

この記事へのトラックバック一覧です: 下栗の里を登る:

« FAX新調 | トップページ | 松本縄手かえるまつり見物 »