« カラスアゲハとオナガアゲハ | トップページ | オーバーユース »

2008.05.13

日本のチロル「下栗の里」

遠山郷下栗の里。

今は飯田市上村の下栗地区というのかな?

標高860mから1080m、最大斜度38度にもなる標高差220mの急斜面に民家が点在し耕地が広がっている。

しらびそ峠と下栗とはセットで定番のサイクリングコースとして十数回は走っているけど、有名なこの構図で下栗の集落を眺めたことがなかった。

今日は思い切って山に分け入り、この構図の眺めを堪能。写真に収めることもできた。

なにぶん、木々の間から覗き見るような構図なので、パノラマ写真で紹介できないのが残念だ。

バルーンにリモートカメラぶら下げて上空からパノラマ写真を撮ったら、さぞや興味深い風景を楽しめることだろうな。

downwardright帯山のビューポイントから見た下栗のQuicktime VR 全画面表示リンク
遠山郷下栗 (飯田市上村 2008年5月8日)

それにしても、決戦用のロードシューズで山歩きなんて莫迦だったcoldsweats01
なまじ白いシューズだったから、しっかり土に染まってしまった。日曜日のレースに間に合うようにと帰ってから洗ったけど、薄茶のシューズになってしまった感じだ…bearing

|

« カラスアゲハとオナガアゲハ | トップページ | オーバーユース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/41196279

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のチロル「下栗の里」:

« カラスアゲハとオナガアゲハ | トップページ | オーバーユース »