« ステム交換 | トップページ | 貧乏神神社 »

2008.03.12

デジカメ新調

リコーのCaplio R3を愛用している。
軽量コンパクトでありながら、35mmフィルムカメラ換算で焦点距離が28mm~200mmの光学7.1倍ズームレンズという仕様で、手ブレ補正も良く利く。
レンズ先1cmから合焦するマクロの仕様も、このカメラの魅力だ。

ユーザー設定をきちんと行わないと露出オーバー傾向をしめすが、シーンに合わせて上手に設定してやれば、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)でもここまで撮れるって写真があったりして気に入っている。

ところが、沈胴式レンズのためか、レンズ内に埃が入りやすい。
左の画像のように、望遠で撮影すると、レンズに付着したゴミの陰がとても気になる。

一昨年の11月、銀座のリコーカメラセンターでレンズユニットを交換している。
原因はレンズ内に侵入した埃。どうもレンズ筒の分解清掃は行えないらしい。
この時は保証修理で無償交換だった。再び修理するにも、今度は有償となる。概算見積では21000円の模様。

コンデジはかなり値頃になっている。
修理費用にちょっと足すだけで、最新のカメラを新調できる。

そこで、Caplio R3は自転車で持ち歩くとかの専用にして使い倒し、行事などで使うカメラを新調することにした。


ニコンのCOOLPIX P5100がとても魅力的だ。
画質や使い勝手も好評価で、ユーザー満足度が高いらしい。

ニコンのコンデジは前から使ってみたかったが、今までは縁がなかった。
ほぼ決めかけていたのだが、唯一の不満が広角短の画角の狭さ。
28mmに慣れているので、広角36mmというのは使いにくそうだ。
反面、1/2.5 CCDから 1/1.72 CCDと撮像素子が大型化することによる画質の向上はとても魅力的だ。

ハンドリングの良いグリップはありがたいが、普段使いのケースに入らなくなる公算が大きいのもちょっと残念なところ。

すると、リコーのCaplio R5Jがアマゾンで格安販売されているではないか。

Caplio R5Caplio R3の進化モデルで、機能は変えずに解像度ならびに画質向上や感度アップ、高速化、省電力化が図られている。
尤も、最新モデルに比べると暗ノイズが多いなど、不具合もそれなりにある。安かろう悪かろうって言ってしまえば、元も子もないが。

また、Caplio R5とR5Jは若干違う。ファームウェアが異なり、マイセッティング機能が無い。
ボディ色もアースカラー1色の設定で、R5の過剰在庫処分用のモデルかも知れない。

バッテリーはCaplio R3と共用で、USBによるPC接続も高速化されたとはいえ、Windows 98が動作対応に入っているなど、旧いPCを使っているわが家にはありがたい。

結局、画質よりも利便性と価格を採って、Caplio R5を注文した。

ちなみに、Caplioシリーズの最新モデルはCaplio R7、そしてR8が先日発売されている。

|

« ステム交換 | トップページ | 貧乏神神社 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/40472480

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ新調:

« ステム交換 | トップページ | 貧乏神神社 »