« チャリンコ一人旅の一期一会 | トップページ | 自賠責保険料の大幅値下げ »

2008.03.08

ツナ君の自転車

随分暖かくなって、道路脇の雪も日に日に痩せている。
道路へ流れる雪解け水も気にならなくなってきた。

TITANIOのステムを換えてから試走の予定だったが、昼前から所用が入って、その後に友人A氏にお願いしてトゥーランの外観検査に立ち会ってもらった。
来週、継続検査に持ち込むので、その手順もレクチャーを受けた。ありがたい。

終わったのが15時だったから、すぐに出掛けられるロールで夕練。
雪解け水を嫌って避けていた観光道路まで上がり、延伸中の新しい農道を走ってから河岸まで下る。
30kmほど走った頃、空腹を覚えたので、またカレーを食べようと昨日行ったばかりのアンサンブルへ(笑)。

店先にライトウェイのドロップハンドルにリアキャリアが付いた700cが立て掛けられていた。
見たこと無い自転車だ。誰だろう?

店内では、昨日紹介した写真展の作者のツナ君が、新聞社の取材を受けていた。

今日もカレーがうまい(笑)。
夕食はカレーとみーちゃん氏から聞いたのに(苦笑)。
ライスカレーは偉大だ!

取材の合間に、ツナ君と暫し談笑。
自転車旅行は一段落。今は大工修行が占めている。
旅の間に見てきた、その土地の風土にあった材料と建築手法による家造りを応用して、自分が住む場所に適した家を建てたいって欲求が今一番強いみたい。

彼の事や旅の記録は自身のブログと旅日誌をご覧ください。

ツナ日記-Toshi's Diary-
夢の力プロジェクト

さて、彼の自転車旅行は多くの人たちにも支えられた訳だけど、旅の相棒の自転車についてもいろいろと教わった。

その殆どの行程を1台の自転車で走破。
使用されたのはRITEWAY SONOMA 1.0で、フレーム&フロントフォークがクロモリ製のモデル。
SONOMA 1.0は今年廃盤となってしまった。2007年モデルはシートチューブのみクロモリ、他はハイテンという仕様だったが、ツナ君が使っている年式はオールクロモリ製とのことだ。

コンポはXT、ヘッドパーツはクリスキングに換えられている。
BBはもっても1万キロなので、予備パーツとして1つ荷物に加えていたそうだ。HOLLOWTECH IIはBBの専用工具が板状で嵩張らないし、クランクもアーレンキー1本で外せるから便利だったろう。

未開に近い場所も多い、つい先日まで内戦に喘いでいた土地もある、そんな外国を何ヶ月にもおよび自転車でロングツーリングする訳だから、いくら厳選された装備といえどもそのボリュームは半端じゃない。
4つのパニアバッグを前後左右に、ハンドルバーにもフロントバッグが付き、リアキャリア上にもテントやシュラフ、マットなどがくくりつけられる。
荷物だけでも30キロ超になる。

意外にも、彼が乗るRITEWAY SONOMA 1.0は、荷物を載せてちょうど良い感じに操縦性が安定するのだそうだ。
彼自身が軽量なのも関係しているとは思うけど。

バックを支えるのはニットー製のキャリア、キャンピー。
市販のキャリアはキャンピー一択。他はハードな使用に適さない。
長い旅の間、リアキャリアに関しては一度としてトラブルを起こさなかったそうだ。
しかし、フロントキャリアのキャリアダボとキャリアとを繋ぐ接合点は弱く、3千kmに一度の頻度で熔接箇所が破断。その都度に修理が必要だったとのこと。
左右それぞれ一点に応力が集中してしまう様だ。

SONOMA 1.0は、ライトウェイプロダクツジャパン株式会社(以下、ライトウェイ)から彼の旅のために提供されたバイク。
ライトウェイは自転車振興のために多くの支援を惜しまない会社だ。ダイハツボンシャンス飯田も、ライトウェイから機材の支援を受けているし、他にも多くの選手がサポートされている。
取り扱いブランドのスモールパーツの供給にも力を入れてくださると、ユーザーとしては嬉しいのだけど(苦笑)。

バック類はモンベルで50%をモンベル、残り50%をアウトドア雑誌ガルヴィが提供した。
ウェアはパタゴニアが50%提供。これらはツナ君自身がスポンサード依頼を交渉して支援を受けることになったもの。

ちなみに、パニアバッグはオルトリーブも使っていた。こちらの方が使い勝手も耐久性も優れているそうだ。
また、パニアバッグの代わりにバックパックをキャリアにくくりつける方が実用的かも知れないと言っていた。
自転車を置いて歩き回るときにバックパックが活躍する。パニアバッグとサイズも近く、キャリアにくくりつけることも容易で、脱着の面倒さを我慢すればしっかりと固定できるそうだ。

楽しい一時だった。今度は一緒にサイクリングする機会があればと願う。

Dist 47.11km 2082kcal,Time 01:58:26,Ave 23.9km/h 140bpm,Max 53.6km/h 167bpm


そうそう、海外での自転車旅は現地までの渡航は船か飛行機な訳だけど、飛行機輪行では、タイヤの空気抜いて、ホイールを外してフレームとまとめ、そのままでエクストラチャージで手荷物預けするそうだ。
破損に頓着しない旨を確認すれば、パッケージングしなくても良いそうで、その様子は彼の旅行記の写真でもうかがえる。

但し、欧州のように自転車のエクストラチャージが明確に規定されている場合は良いけど、インドでは300ドルの請求があって、随分と交渉することになったそうだ。

尚、当時は自転車に対する超過手荷物料が15ユーロだったそうだけど、今調べてみると随分値上がっている。
原油高による大幅な燃料費アップが原因だろう。
航空運賃にしても、燃油特別付加運賃が課せられている。超過した手荷物に対する料金も値上がっているのは当然だろう。

|

« チャリンコ一人旅の一期一会 | トップページ | 自賠責保険料の大幅値下げ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/40447879

この記事へのトラックバック一覧です: ツナ君の自転車:

« チャリンコ一人旅の一期一会 | トップページ | 自賠責保険料の大幅値下げ »