« お見送りとフィギュア・マーケット | トップページ | 金ケロロ »

2007.11.04

陣馬形林道の崩落、焼き肉、キノコうどん

恒例、日曜練習。今日は川村選手がつき合ってくださって、坂隊のキタさんと一緒に、さて、どこへ行こうか?

スタート時は朝霧につつまれていたけど、秋晴れなのは間違いない。

紅葉は楽しみたいけど、しらびそは寒そうだし、神坂峠は道が悪い。
川村さんは陣馬形山へ登ったことがないそうなので、取り敢えず絶景を観ようってことで、陣馬形山を目指した。

川沿いを数キロほども走ると、徐々に霧が晴れて陽射しが戻ってきた。
途中、駅伝のランナーと併走。今日は近隣二町村で駅伝大会なのだそうだ。

整備された二車線道路がダラダラと続く登り坂なんて、一人では楽しくない。
でも、グループ走だとあっという間に登り切ってしまえる。陣馬形林道入口までもアップダウンが続くけど、話しながら皆で登れば楽しいだけのサイクリングだ。

林道へ入っても、尾根道まではそれなりに登る。入口で「崩落、通行止め」って表示が。
大抵、自転車なら通れることが多い。あまり気にせずに先を急いでしまった。と言うのも、陣馬形山からの絶景の後は、「大平」で遅い昼食を楽しもう!ってことにしていたから(笑)。

クヌギの葉が舞い散る中、尾根道まで登り、山腹の緩やかなアップダウンを走っていると、エスケープルートの先に通行止めのバリケードと600メートル先崩落の表示。
下り基調なので、注意深く進んでいったら、コンクリート補強されていた法面が大崩落していた。

やや切り通し気味になった場所なので、道路は角張った岩石で埋まってしまっていた。
幅10メートルほども崩落したようで、大小様々な岩石が堆積して、とても担ぎ越える気になれない。
左の藪も木々が多く、自転車担いで安全に歩けそうもない。しかも三人ともにロードシューズだし。
すっぱり諦めて、小渋ダム経由で南下することにした。
小渋湖温泉への下り道、小渋峡谷のV字の向こうに見える雪をかぶった前岳や赤石岳が美しい。
「井戸入沢の滝」は吃驚するくらい水量が多くなって、大迫力の瀑布となっていた。しかし、横目でちらりと眺めただけで、一気に天竜川まで下って行った。

伊那大島から名子城趾公園の登り坂を経由して上県道まで登り、そのまま南下した。
上郷から中央道に沿って農道を走り、大平街道へ出れば、焼き肉定食はすぐそこ(笑)。

飯田峠までの登りは、52-15という重いギヤで淡々と登って行く川村選手をぜいぜい言いながら追いかける苦行(苦笑)。
それでも、心の中では「焼き肉!焼き肉!」と念じて、ひたすらペダルを踏んでいた。
この登りの間は、無口なメンバーであったのことよ。

小垂沢の先、沢が道路へ溢れている場所にロードバイクのタイヤ痕。
「大平」のバイクハンガーに、見慣れたトレックが架かっていた(笑)。

窓から射し込む午後の暖かい日射しにあたり、蕎麦を食べ終えた川名選手がまったりしている。
ぼくらは焼き肉定食をオーダーして、腹一杯堪能した。
さらに今日、明日で終わりそうだという大平産天然キノコを堪能すべく、川村選手がキノコうどんをオーダー。蕎麦は完売したってことなので。
つられてボクもオーダーしたら、キタさんも!

イクチやなめ茸、黄シメジや知らない茸盛り沢山の水煮がトッピングされた、コシもなかなかのうどんはとても美味かった。

川名さんも一緒に四人で帰路につくべく準備していると、8月の焼き肉サイクリングでお会いしたトライアスリートのくまさんが。
これから蘭まで抜けて、清内路から戻るそうだ。今度、またご一緒いたしましょう!

さて、下り坂。濡れてるとこは徒歩ペース、あとは普通に下って行ったのだけど、ブラインドコーナーから対向車!
そんなことは予想の範疇だったのだが、対向車が充分左へ寄らずに逃げ場が無い。偶々左に側溝があって、法面へ逃げることもできなかった。
ブレーキングは充分したつもりなのだが、フロントロックが怖くてイマイチ握れていないのだろう。下りなのでより前方加重になってることもあって、リアの方が滑ってしまった。
リアのトラクションを戻せば側溝に突っ込む感じだったので、それを避ける形で逃げ場を探したが、結局クルマと衝突。互いにスピードはずいぶん遅くなっていたし、こちらの車体を斜めにして右上腕からぶつかって行ったので、ダメージは最小限に済んだのは幸いだ。
ところが相手は中年女性ばかりの観光客。こちらの心配より先に、第一声は「クルマは大丈夫?」だってさ(苦笑)。
警察を呼ぶように促したのだが、相手は他県で帰宅時間を気にして嫌がるし、ヒステリー起こされても嫌なので、互いの連絡先を交換して済ませてしまった。ソロツーリング中だったり、怪我でもしていれば、ちゃんと通報させただろうが。
Allezは右のSTIレバーが内側へ曲がり、ステムも若干左へずれてしまった。カーボンのハンドルやコラムが割れてなければ良いのだが。
工具は持っていたものの、走行に大きな支障はないから、帰宅してから処置することに。
キタさん、川村さん、川名さん、ご心配ならびにお手間を取らせて申しわけなかったです。

帰宅してチェックしたところ、身体には痣も傷もなく、今のところ打撲の症状もありません。
Allezは再調整だけで大丈夫そうです。クラックも目視では無さそう。バーテープの下など、隠れてる部分に入っていたら、諦めましょうかね…。

Dist 114.67km,Time 4:57:54,Ave 23.1km/h,Max 54.1km/h

|

« お見送りとフィギュア・マーケット | トップページ | 金ケロロ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/16973961

この記事へのトラックバック一覧です: 陣馬形林道の崩落、焼き肉、キノコうどん:

« お見送りとフィギュア・マーケット | トップページ | 金ケロロ »