« 茄子 スーツケースの渡り鳥 | トップページ | 2007年11月の走行記録 »

2007.11.30

租税特別措置法については言及しない?

GREAT CYCLING RACES 2008カレンダーが巨大な箱に入ってアマゾンから届いた。

厳重に梱包されて届くのはありがたいが、環境負荷を考えると、もう少しなんとかならないものかと思う。

箱代もさることながら、梱包状態の体積が大きいのは運送効率を悪化させる。
国内輸送は主にトラックが担っていて、原油高の影響もあって、各運送会社が省エネルギー努力を惜しまない。
輸送利用者である我々も、工夫努力すべきところは多々あるね。なぁんて話しになると、通販使うなよ的帰結になったりして(苦笑)。

また原油値上げの報道があった。
この辺りじゃレギュラーガソリンも150円台だ。年内に160円台をつけるかも知れないな。
最近はみーちゃん氏ばかりがトゥーラン使ってるんで、スタンドへも行っていない。ちょい乗りばかりだと、燃費悪いんだよね。6km/l走らないからな…。

そう言えば、現在ガソリン税は租税特別措置法で2倍の税率が課せられたままになっている。
この期限は毎度自動更新されてしまっていて、税率を元に戻しましょうって話しは一切ない。
原油価格の高騰に伴って、ガソリンの末端価格も上がってるって報道は毎度するNHKをはじめとするテレビのニュース番組が租税特別措置法について言及することはない。

来年3月31日をもって租税特別措置法の期限は切れるが、今まで通り広く説明されずに期限は延長される可能性が高い。
ガソリン税が本来の税率へ戻れば、リッター辺り20円ほどの値下がりとなるそうだ。
ガソリン税は道路特定財源で、民営化したはずの高速道路の償還費用になぜか補填投入されようとしているし。

ガソリン価格に消費税が掛かっているという二重課税問題もマスコミはあまり言及しない。
原油高でガソリン価格の高騰を毎週報道するなら、せめて租税特別措置法期限に関しても言及してガソリン価格が安くなる可能性も指摘するのがマスコミの義務だと思うのだけどね。
って、所詮は大本営発表をそのまま告知するって慣習が骨の髄まで染み込んでいるんだろうなぁ。社名も戦前と変わってないし(笑)。あ、そりゃ新聞か(苦笑)。

|

« 茄子 スーツケースの渡り鳥 | トップページ | 2007年11月の走行記録 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/17231348

この記事へのトラックバック一覧です: 租税特別措置法については言及しない?:

« 茄子 スーツケースの渡り鳥 | トップページ | 2007年11月の走行記録 »