« 部奈へ登るべな | トップページ | 十日夜(とうかんや) »

2007.11.18

小雨混じりの日曜練

午前中は小雨模様。日曜練習は休みだと思ったら、キタさんから大鹿へ向かう旨の伝言が(笑)。

今日は昼前まで幼稚園の行事で、午後からJOJOで出かけた。

午前中はみーちゃん氏たちのハンドベルを聴くため、子供たちを引き連れてお出掛け。
思った以上に上手で吃驚。練習の成果が活きていたね!
学生時代の友人K氏ご家族と遭遇して、ちょっと吃驚。長男Hくんを女の子と間違えてスマン。とても可愛らしかったから、勘違いしてしまったよ…。
わが家の長男S氏より一つ年下なのに、あんよが上手なんだもん。女の子は発達が早いからね。

帰宅後、すぐにJOJOの準備をして集合場所へ向かう。
降り止んでいた小雨が再びぱらついている。
気温はちょっと上がったので、長Tに半袖ジャージのまま、ウィンドブレーカーはバックポケットに突っ込んだ。

河川敷のCRっぽい道に入ってからキタさんへ電話をすると、ちょうど食堂へ入ったところとのこと。ボクも食事にありつけるかな?
竜東線へ入ると、まったく雨の気配がない。路面も完全に乾いていて、路肩も濡れていなかった。雨は降らなかったようだ。
アベレージ32km/h程度を維持して小渋川沿いへ入る。しかし、みるみる速度が落ちてしまった。
気温は摂氏10度。寒くなったね。しかも向かい風だし…。

四徳橋を過ぎてから良い感じのアップダウンになるのだが、今度は行楽の車の列。
あまりアベレージを挽回できず、大鹿へ入った頃には、29km/hを割ってしまっていた。

大鹿トンネルからペースアップするも、小渋川沿いはずっと向かい風。
結局スピードアップはかなわず、28.8km/h平均。しかも小渋線からぱらついてきた雨は本降り傾向な上、待ち合わせの焼き肉屋が見つからない。
仕方なく一旦戻って、映画「Beauty」の試写会会場の誘導員に道を訊ねた。

場所がはっきりしたのでお礼を言って先を急ぐ。すると、坂を下ってくるサイクリストが三人。
キタさんとみやさん、そしてRonさんでした。結局、間に合わなかったな…残念。それでも、1時間で来られたってのは最高記録じゃなかろうか?

雨を避けて、素直に小渋線を戻ることに。ところが、1キロも走らない内に雨雲を抜け、前方には青空も覗いている。
松除橋手前でみやさんと別れ、三人で菖蒲沢から柄山へ登る。柄山日影へ下りたかったが道がわからず、長峰から間沢川の左岸へ抜けて、そのまま竜東線へ出た。舗装路ながら、なかなか良い感じの山道で楽しかった。
柄山日影へは、隧道入口から隧道を抜けて行けばよかった様だ。また次回探検しよう。

南方向は、いかにも降ってますって感じに暗い雲に覆われている。
とは言え、そっちへ行くしかないので(苦笑)、雨に降られないことを祈りながらペダルを踏む。
途中でキタさんとも別れ、Ronさんとお話ししながらサイクリングを楽しんだ。

余程三人の行いが良いのか、雨にはほとんど降られなかった。おこぼれに預かって良かったな(笑)。
竜東線の路面はしっかり濡れていたが、雨に降られることもなく、陽射しまで拝むことができました。
楽しかった。単独走も悪くないけど、グループ走行は、また格別だね。

Dist 71.81km,Time 2:56:38,Ave 24.4km/h,Max 58.6km/h

|

« 部奈へ登るべな | トップページ | 十日夜(とうかんや) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/17111375

この記事へのトラックバック一覧です: 小雨混じりの日曜練:

« 部奈へ登るべな | トップページ | 十日夜(とうかんや) »