« ITchairを使ったブロンプトン・タンデム | トップページ | ミニカーの思い出 »

2007.10.25

秋の日はつるべ落とし

所用のついでに、長男S氏をお散歩へ連れ出した。

いくつか用事を済ませ、動物園でペンギンやフラミンゴをながめる。
S氏はミーアキャットがお気に入りだった。

スーパーマーケットへ寄ったら、ブリスターパックのトミカが4台で千円ってセールだったので、S氏に選ばせて購入。
ジンベエザメが荷台にいる回遊館のロゴが付いたロングトラックと、オーストラリアとかの露天掘り鉱床の映像でお馴染みの超大型オフロードダンプが長男S氏のお気に入り。まぁ、超大型って言っても、トミカは統一スケールじゃないんで、皆同じ大きさなんだけどね。
残り2台は日立建機のクローラキャリアと消防庁のスーパーアンビュランスで、これはボクの趣味(笑)。

帰ったら、早速ミニテーブルに乗っけて遊んでいた。あとで名前を書いておこう。

昼から日没まで走れそうだったが、事務処理に追われて、結局3時過ぎになってしまった。

先月走らなかった後遺症はほぼ癒え、登り坂も以前のように走れる。今日も大平宿を目指した。

手前の峠まではちょうど一時間。やや遅い。
シッティングを意識していたはずなのに、スタンディングが多かった気がする(苦笑)。

大平宿で4時10分。次の峠までは20分程度で行けるだろう。一昨日の日没が4時45分だった。
そう言えば、尾灯はあるのに前照灯を忘れてきたな…。それでも、パンクさえ無ければ、木曽見茶屋で折り返しても夕暮れ前に帰り着けるだろう。
隣町まで行くことにする。

木曽見茶屋には4時31分着。西側は開けているから、まだまだ日没までは余裕に思えてしまう。しかし、折り返せば既に陽はなく、すぐに夕闇が訪れるだろう。

帰路の登りはひたすらペダルを踏み、下りではできるだけ先を見つつ、路面の状態にも最新の注意をしながら駆け下る。

思った以上に道は昏いが、出水箇所や砂の浮いている場所は憶えているから、それほど不安は感じない。
市街に入って、携帯メールしながら信号無視して交差点に入ってきた歩行者に危うく接触しそうになったのだけは肝が冷えたけど…。

家へ帰り着いた頃には、薄暗くなっていた。前照灯は忘れずに!

Dist 49.46km,Time 2:12:06,Ave 22.4km/h,Max 52.5km/h

|

« ITchairを使ったブロンプトン・タンデム | トップページ | ミニカーの思い出 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/16871456

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の日はつるべ落とし:

« ITchairを使ったブロンプトン・タンデム | トップページ | ミニカーの思い出 »