« 2007年9月の走行記録 | トップページ | 久しぶりのインパ »

2007.10.06

みんなでロングツーリング

早朝5時10分発で大町市までツーリングへ行ってきた。


坂隊メンバーのみで100km以上を走るのは初めてだ。参加者も多かった。

青木湖周回の登りで何故かスプリントしてしまい、ちょっと接触があって2名ほど負傷したが、擦過傷程度で済んで幸い。
それ以外ではパンクすら誰もしないという優等生振り。っても、パンク常習者はボクな訳だが(苦笑)。

90km先の山形村でレガルスィ・イナーメ信濃山形自転車クラブのメンバーの方が2名出迎えてくださり、大町まで先導していただいた。多謝。
これは、9月22日のボンシャンスと信濃毎日新聞社によるイベントの際に、クラブ代表の中畑さんと坂道自転車通勤隊隊長さんとが意気投合して実現したもの。

ちなみに、大町ツーリング自体は、すぴっつ隊員が所属されるNASL地球環境フォーラムのイベントで8月末に自転車でお伊勢参りへ向かう彼らを見送ったことが発端で、みやさんの「自走で出かけて大町方面をサイクリングしてみたいですね」ってひとことと、坂隊隊長の「行こうかなー、どうしようかなー、なーんて思っていたところでした」ってコメントで具体化。
すっごく遠くだと思っていたら、ナビソフトで道程計ると130km弱と、意外に近いことも判明した次第。


松本平から安曇野を抜けて仁科三湖へ至るルートは初めて自転車で走ったが、これほど平坦とは知らなかった。
なんとも気持ちの良いサイクリングを楽しめて、最高の気分が味わえた。
この地なら、シニアの方とかの「自転車はじめようかなぁ」なんて一言があっても、「気持ち良いですよ~。是非はじめてみたら?」って気軽に応えられる感じ。
わが家の周りじゃ、取り敢えず坂が登れるようにならないと全然楽しめないものなぁ(苦笑)。坂隊発祥の地らしいエピソードですが(笑)。

NASL地球環境フォーラムの遠藤支部長さんのお取り計らいで、大町市街の「わちがい」さんにて昼食。
「わちがい」は市街中央に遺された大庄屋の旧居宅を改装した飲食店で、江戸期の町屋造りの風情がよく残されいる。
座敷には歌人斉藤茂吉の軸が掛けられていたりと、さりげなく贅が凝らされていた。


今回はカロリーも考慮して大町黒豚丼を皆でいただく。
名物のおざんざ(塩の代わりに納豆菌をつなぎにした細いうどん)にとても後ろ髪を引かれたが(笑)。そう言えば、安曇野まで来て蕎麦も食べなかったな(苦笑)。
酒瓶で供された天然水がまた絶品だった。

昼食の後は、大糸線に沿って北上するかたちで最終目的地の青木湖を目指す。


帰路は信濃大町駅から輪行と決めていたため、電車の時間を鑑み青木湖一周はせずに高台まで登って眺望を楽しむにとどめた。

青木湖は映画「犬神家の一族」新旧二作品のロケに使われたことでも有名だそうで、あのV字開脚は誰もが一度は目にされているのではあるまいか。

接触転倒で負った擦過傷の洗浄のため、簗場駅で小休止の後に信濃大町駅まで。
ここでイナーメのお二方ならびにすぴっつ隊員と別れて、輪行にて帰宅となった。


早朝にも関わらず見送りに来てくださった隊員さん、大町でのセッティングをしてくださったすぴっつ隊員と遠藤さん、そして安曇野の素晴らしいコースをご案内くださったイナーメのお二方、どうもありがとうございました。
こういった機会を与えてくださった坂隊と隊長さんに多謝。

Dist 165.14km,Time 6:57:15,Ave 23.7km/h,Max 58.8km/h

|

« 2007年9月の走行記録 | トップページ | 久しぶりのインパ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/16776360

この記事へのトラックバック一覧です: みんなでロングツーリング:

« 2007年9月の走行記録 | トップページ | 久しぶりのインパ »