« 秋の秋葉街道 | トップページ | Qファクタ拡大による膝痛 »

2007.10.19

ワコムFAVO Bluetoothワイヤレス FB-630をWindows XP SP1で使う

子供たちのPCには、それぞれにワコムのタブレットを付けている。
彼らもウィンドウの操作はマウスで行うが、お絵かきソフトを使って絵を描くときにはタブレットを活用している。

リビングのPCでもお絵かきしたいとの要望は子供たちからあった。しかしケーブルが邪魔になるのと、画面から離れて使うにはケーブルが短いこともあってタブレットを用意するつもりはなく、むしろポインティングデバイスを内蔵したワイヤレスキーボードを導入するつもりでいた。

先日、ワコム FAVO Bluetooth ワイヤレスタブレット FB-630という製品を見つけた。と言っても、2005年頃の製品で、既にメーカーでは生産が終了しているモデルだ。しかし、後継機種はリリースされていない。

FB-630はA5サイズのタブレットで、Bluetoothを使ってワイヤレス化され、タブレットとPCとを繋ぐコードが廃されている。
この製品なら、タブレットを膝に抱えてソファーに座りながらお絵かきするとかも可能だ。
折良くペイントソフトの水彩7をバンドルしたFB-630を見つけたので、ワイヤレスキーボードは取り止めて購入した。

ところが、FB-630はWindowsではXP SP2以降しかサポートしていない。
リビング用のPCはXP Home Editionがプリインストールされているものの、サービスパックはSP1に止めている。
SP2はセキュリティこそ強化されているが、動作が重いことをはじめ不都合がいくつかあって使わないことにしている。


FB-630はBluetoothドングルとして、USI社のBluetooth USBアダプタ UD-23011が付属される。
単体で販売されているBluetooth USBアダプタには、通常Bluetoothスタックがバンドルされている。
マイクロソフトのBluetoothスタックはWindows XP SP2から提供されたMSスタックで、それ以前のバージョンではWIDCOMM BTWやIVT Bluesoleil、そして東芝のBluetoothStack for Windows by Toshibaなどを使わないとbluetooth機器が使えないため、それらがバンドルされている。

FB-630はBluesoleilで使えないとのことなので、BluetoothStack for Windows by Toshibaをダウンロードして試用してみた。
UD-23011で正常に使用できることを確認し、FB-630自体も問題なく動いた。しかし、ライセンスが無いので30日間しか使えない。

BluetoothStack for Windows by Toshibaが使えることを確認したから、このBluetoothスタックがバンドルされたBluetooth Adapterを購入すれば問題はなかろう。


さて、これらをネット検索で調べている中で、Windows XP SP1へBluetoothサポートを追加するためのパッチがマイクロソフトから提供されていることを知った。

q323183_wxp_sp2_x86_jpn.exe というのがそれで、SP2のアップデートCDに収録されているらしい。
ネット検索したところファイルを見つけたので、それをダウンロードして使ってみることにした。
尚、VAIOユーザーへはHotfix323183JPN.exeという名前でSONYから提供されている。

しかし、q323183_wxp_sp2_x86_jpn.exeをインストールしただけではUD-23011が認識されないため、マイクロソフトが提供するBluetooth USBアダプタドライバをUD-23011で使えるように細工する必要がある。

具体的には次のことを行った。

Windows\inf フォルダから bth.inf を探し出してメモ帳で開く。(オリジナルを bth.bak 等のファイル名で保存しておく)

bth.inf の [Manufacturer] セクションへ次の記述を追加する。
USI=USI.NT.5.1

bth.inf のDevice sectionへ [USI.NT.5.1] セクションを追加し、次のように値を定義する。
USI Bluetooth Adapter= BthUsb, USB\Vid_0a12&Pid_0001

以上でFB-630に付属のUSI UD-23011をWindows XP SP1で使用できるようになり、FB-630も正常にインストールすることができる。
尚、書き換えた bth.inf に対して、右クリックメニューの「インストール」を実行する必要があるかも知れない。

但し、MS BluetoothスタックはBluetoothハードウェアプロファイルが少なく、使えないBluetooth機器も多い。
EPSON LP-900レーザープリンターへNEC PR-BT-01 Bluetoothプリンタアダプタを付けて利用している。BluetoothStack for Windows by ToshibaならUD-23011からでもヴァーチャルCOMポートを割り付けて利用できるが、MS Bluetoothスタックではプロファイルを割り付けることができなかった。


MS BluetoothスタックがWindows XP SP1で使えるようになったので、当面はこれで運用しようと思っている。
PR-BT-01が使えないのは残念だが、無線LAN経由でネットワークプリンターが利用できるので問題ない。

また、MS BluetoothスタックはXPが起動と同時に組み込まれるのに対し、他社のBluetoothスタックはアプリケーションレベルでの組み込みなので使いはじめのみタイムラグがある。
そのため、サポートする機器こそ少ないが、さすがにマイクロソフト純正だけあって使い勝手は良い。

|

« 秋の秋葉街道 | トップページ | Qファクタ拡大による膝痛 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/16805478

この記事へのトラックバック一覧です: ワコムFAVO Bluetoothワイヤレス FB-630をWindows XP SP1で使う:

« 秋の秋葉街道 | トップページ | Qファクタ拡大による膝痛 »