« フラペ用にシューズ新調 | トップページ | Carry-me (キャリーミー)小技集 »

2007.08.19

リムテープ交換

ALAN TITANIOのリムテープをやっと交換した。

特に後輪で頻発するパンクはリムテープの寿命だろうとは思っていた。
先週、和田サイクルさんでミシュランの16mm幅の黄色いテープを1本いただいた。
どうせならフロントも交換したいってことで、足りない分はチャーリーでシューズと一緒に買っておいた。黄色のテープが欲しかったが、緑色のものしかなかった。9barまで対応なので、問題なかろう。

TITANIOに組んでいるホイールは中古で入手したもので、IRCのポリビニール系な15mm幅のリムテープだった。
前オーナーは一度も交換しなかったようで、まぁ寿命ですね。
しかし、15mm幅だったためか、外したリムテープに付いていたスポークホールの痕は中心からずれている。
これではスポークホールのエッジでタイヤチューブを切ってしまうのも当然だな。

写真右はミシュランの16mm幅を入れたもの。
リム断面の曲面に密着すると、丁度幅一杯になる感じ。これならずれる心配もない。

ミシュランのリムテープは固く填めにくいとのことだったが、それほど苦労はしなかった。熱帯夜が幸いしたのかも(苦笑)。
タイヤチューブの交換と同じで、バルブホールから入れて行く。
この時、バルブホールがずれないように、古いリムテープを外す時に使ったマイナスドライバーを、リムとリムテープのバルブホールに突っ込んで作業した。

前後タイヤのリムテープは、30分ほどで交換できた。
これでパンク頻度が減るだろう。

|

« フラペ用にシューズ新調 | トップページ | Carry-me (キャリーミー)小技集 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/16179842

この記事へのトラックバック一覧です: リムテープ交換:

« フラペ用にシューズ新調 | トップページ | Carry-me (キャリーミー)小技集 »