« ツールに触発されるも梅雨 | トップページ | ムシムシムンムン »

2007.07.16

クリート調整

ツールは連日見どころ満載だが、Tモバイルの天国と地獄で序盤を締めた。
第7ステージでゲルデマンが逃げ切って初のツールステージ優勝を遂げ観客を沸かせたが、翌日の第8ステージではエースのマイケル・ロジャースが落車してリタイア。カベンディッシュのリタイアは想定内としても、エースのリタイアでTモバイルは戦術を大きく転換しなければならなくなった。
しかも、第8ステージ終了後にホテルへ移動中のシンケヴィッツが突然フェンスを越えてコースへ飛び込んできた観客と接触して転倒し、顔面と肩を負傷してリタイアしたそうだ。
Tモバイルはエースを失っただけでなく、メンバーも6人となって残りを戦わなくてはならない。

明日からのツール・ド・フランスの行方に興味津々だ。はたしてラスムッセンがシャンゼリゼでもマイヨジョーヌを纏うことになるのだろうか?


写真では全然わかり難いけど、ノースウェーブスピードスターにクリートを取り付ける際、クリートの小指側に0.8mm厚のナイロン板を挟んで、僅かながら拇指球が下がるようにした。

土曜日は台風で梅雨前線が活発化して終日雨だったが、日曜日は台風一過、晴れ間がのぞいた。
午後1時半から4時半まで時間ができたので、3つの峠越えを含む60kmほどの周回コースを走ってシューズの具合を見たところ、小指球の痛みはまったく無かった。

雨後と言うこともあってJOJOで出かけるか迷ったが、シューズの確認なのでTITANIOに簡易フェンダーを付けて走った。
水路が溢れて路面はあちこち水浸し。土砂崩れの復旧工事もしていた。通行止めにはなっていなかったのが幸いだ。
路面は木の葉と小枝が散乱して、簡易フェンダーが付いているのにみるみる自転車が汚れてしまった(苦笑)。

TT区間は44分42秒と、最近では一番遅いペースだったな…。
国道へ出るまではサイクリストに出遭うこともなかったが、清内路トンネルでローディが立ち止まっていたのでトラブルは無いか訊く。大丈夫と言うので挨拶だけして別れた。
時間が無かったので横川峠越えは省略して4時20分帰着。

Dist 62.84km,Time 2:36:50,Ave 24.0km/h,Max 69.4km/h


今日は丸一日時間を貰っていた。しかし、次女Y氏の夏風邪が長男S氏に遷ったりして安静中。
ちなみに、次女Y氏の症状は発熱だけで意外に元気だったので、昨日はお出掛けできた次第。
午後になって少し走る時間を作った。今日はTITANIOでシマノのシューズ。パスハントする気分じゃなかったので、北進して観光道路を流してから更に30kmほど街道を走った。

途中、路肩崩落で通行止め区間を迂回。再び街道へ戻った時に、ついつい崩落情報の看板に注意を向けすぎて立ち転け(苦笑)。
クリートをリリースすることなく、ハンドルから手を離すこともなくスローモーションの様に左へ倒れた。
左の肘と膝、そして踝を路面にキス。お陰で自転車はどこも当たらなかったから傷は無い。倒れたまま右足のクリートがなかなか外れなくて、更に間抜け度アップだったのは我ながら笑い出してしまったよ。

Dist 76.94km,Time 2:50:07,Ave 27.1km/h,Max 65.4km/h

|

« ツールに触発されるも梅雨 | トップページ | ムシムシムンムン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/15778843

この記事へのトラックバック一覧です: クリート調整:

« ツールに触発されるも梅雨 | トップページ | ムシムシムンムン »