« 自転車から降りたくない | トップページ | 蒸し暑いながら曇りだったのに… »

2007.07.02

雨ですが梅雨なんで当然♪

幸也選手は今回の合宿中、雨に降られたのは一日だけだと喜んでた。
でも、全日本選手権は濃霧と酷いウェットコンディションだった訳だけど。
あの状況でも果敢な攻めのレースができたのは、チームとして勝ちにゆくスタイルが機能したのは無論のこと、レース前に聞いたオートバイレーサーの走り方も大いに参考としたそうだ。会場がオートポリスだったというのがヒント。
また、あの状況でも余裕をもって対応することができたとのこと。チャンピオンの地力が備わっていた余裕の発言。
明日フライトでしたっけ?フランスでもこの調子でポイントゲットして、欧州のファンにもしっかりと実力をアピールしてください。

それにしてもたった10km程度だけど、福島晋一選手と新城幸也選手の後ろにくっついて川村宏樹選手と隊列組んで走ったのはとても楽しかった。
晋一選手が幸也選手と話しながら、時折肩を抱くのが印象的。本当の兄弟以上に絆深いなぁ。康司選手ふくめて三兄弟ですもんね。
で、幸也選手のバイクの後輪に触れそうなほどの縦隊で走るのですが、向かい風だったのにすごく楽なんですよ(笑)。連続的にスリップストリームへ入って走る経験がなかったので、この感覚はとても新鮮でした。
プロ選手なわけで当たり前だろうけど、晋一選手と幸也選手はピタっと同じ横位置で走るので、指標にさせて貰うこちらも同じように安定して走れてすごく気持ち良いのです。

日曜練もこんな感じで縦隊組んで走れたら良いなぁ。もっともっとスキルアップしないと他のメンバーに迷惑かけてしまうから、自主トレ頑張らねば。

日曜練といえば、ボンシャンスのひまわりジャージが欲しい。手元不如意なのでなかなか発注できないけど(苦笑)。
ところでボンシャンス飯田のサポーターズクラブが発足しているけど、Bonne Chance!っていう福島兄弟ファンクラブとの関係はどうなってるんだろう?ってか、Bonne Chance!は現在どういった活動してるのかな?
福島三兄弟はエキップアサダでプロレーサーとして走っていて、彼らが主催する実業団チームがダイハツボンシャンス飯田な訳だけど、エキップアサダにも後援会があって、う~む、全部へ入るってのもチューブラータイヤ縫ってまで使う身には堪えます…。
Bonne Chance!に入ってひまわりジャージ着て走るってのが楽しそう。できればヒマワリあしらったBonne Chance!ファミーユ専用ジャージがあると良いね。06のボンシャンスジャージに倣ったデザインの。
Bonne Chance!は事務局が福島選手のご実家ですよね。全国のファンのよりどころになれて安心できます。
ダイハツボンシャンス自体はホームタウン構想でローカル色が強くなってしまったけど、Bonne Chance!は全国区。エキップアサダでの活躍も含めて、福島三兄弟を末永く応援してゆけるように思えます。

さてさて、雨間で薄日も射してきたことだし、夕方に少しでも走れるかな。

|

« 自転車から降りたくない | トップページ | 蒸し暑いながら曇りだったのに… »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/15625651

この記事へのトラックバック一覧です: 雨ですが梅雨なんで当然♪:

« 自転車から降りたくない | トップページ | 蒸し暑いながら曇りだったのに… »