« 疑わしきはツールを去れ | トップページ | 赤石峠 »

2007.07.28

杖突峠

みやさんの「久しぶりにロングランしたいなぁ」発言を受け、日曜練習代わりに杖突峠越えで諏訪湖一周サイクリング計画を立案、本日実行。

参加メンバーは坂隊隊長さん、みやさん、そして蝉の3名。

8時に集合場所を予定通り出発し、火山峠を越えて10時前には高遠へ到着。
コンビニで補給後、中央構造線サイクリング大会参加者を慰労するため?高遠城趾へ。

10年ほど前まで勤めていた会社の同僚にばったり出遭って吃驚。
当時からスポーツマンだったけど、ボクより幾つか年かさなのでかさすがに老けたなぁ。でも元気そうでなによりだった。

サイクリング大会を走るはるさんとkenjiさんと合流。
中央構造線サイクリング大会は、比較的長い距離をサポート付きで楽しく走れるのが特徴。中学生から参加できるので、親子で一緒に走るとかするととても楽しい大会だと思う。

天気は晴れながら曇りがちで、この時期としては空気も乾いて涼しい感じ。絶好のサイクリング日和だね。
きっと秋葉街道を気持ちよく南下できるだろうと思われる。

ぼくらは秋葉街道を北上して諏訪湖へ向かう。
サイクリング大会出走前に開会式会場を後にして、一路杖突峠を目指した。

11時30分ちょうどに杖突峠を越えた。
高遠城趾から40分と、意外に早かったな。
この峠は茅野から登ると苦しいそうだが、高遠側からだと存外楽に越えられる感じだ。

ピークから茅野側へ1キロほど下った先にあるドライブインで休憩。
ここは眺望が開けているのだが、今日は生憎と雲が多く、北アルプスはおろか八ヶ岳連峰ですら雲の中。
それでも茅野から諏訪湖あたりまでの景色が楽しめた。

杖突峠(標高1247m)から標高にして480m下って茅野市へ入る。
街道から外れた道で諏訪湖を目指したかったが、結局甲州街道へ出た。意外に走りやすいのでそのまま西進すると、いつの間にか上川沿いを走っていた。

諏訪湖の周回を始めたのは12時半頃。
反時計回りにサイクリングロードを走り、1時前に給水のため釜口水門手前の公園で休憩。

ちょっと天気があやしくなってきた。

休憩を終えて出発すると、俄に雨。
そのまま本降りとなって、ああ、ひどい夕立ですね。
隊長さんもみやさんも練習用のバイクは修理中なので今日は決戦用でサイクリング中。帰宅してからのメンテナンスが大変だ…。

有賀峠を越える予定だったけど天竜川沿いに南下。ボクのミスで雨の中ルートをロストするし、申し訳なし。
14号へ出てからは40km/h近いハイペースで夕立の中をひた走った。向かい風になる筈が夕立のお陰で局所的に追い風となった様だ。
岡谷市を抜けるまでは雨の中だったけど、辰野はすでに夕立が通り過ぎたあと。すっかり晴れ上がった。
19号に入ってからは道すら濡れていない。夕立は辰野から岡谷、諏訪あたりの極一部で降っただけの様だ。

箕輪あたりから伊那北まで天竜川堤防のCRっぽい道を走り、R153へ出たところでそろそろご飯でもと話していたらTITANIOの後輪がパンク(苦笑)。
重ね重ねすみません。パッチが弾けてました…。

食事は摂れず、221号でR153を迂回し、結局駒ヶ根でコンビニ休憩して最後の補給。
帰着予定の4時は難しそう…。
49号、18号と繋いで、17時頃になんとか帰着した。
参加メンバーの皆さま、お疲れさまでした。

Dist 181.21km,Time 7:07:42,Ave 25.4km/h,Max 66.2km/h

|

« 疑わしきはツールを去れ | トップページ | 赤石峠 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/15928488

この記事へのトラックバック一覧です: 杖突峠:

« 疑わしきはツールを去れ | トップページ | 赤石峠 »