« 自転車雑誌 | トップページ | 坂隊ジャージ完成! »

2007.05.17

SONY BRAVIA X1000の故障

突然、CSとBSが映らないようになった。
サービスに電話をして症状を伝えると、アンテナが正常に繋がれていないためだと言う。

ブラビアを使っていて突然見られなくなった訳ではなく、朝は見えていたのだが、帰宅して電源入れたら駄目だった。

サービスのアドバイスに従って、主電源を切ってからコンセントを抜いて数秒待ち、再びコンセントを繋いでから電源を入れた。
結果は変わらない。アンテナレベルもゼロになってしまっている。
勿論、BS/CSアンテナ設定は正しい状態であることを確認している。

次にBS/CSパラボラアンテナからビラビアまで結線しているBS用ケーブルを別の同軸ケーブルへ換えてみた。
念のために地上波に繋いで、断線していないことは確認済みのケーブルだ。
で、結果は同じ。

地上波デジタルとアナログ放送は正常に見えている。BS/CSが「アンテナが接続されていない状態」となってしまう。
ソニーのサービスの見解としては、ブラビアの故障である可能性は低く、仮に出張診断してアンテナケーブルの断線や接続不良、パラボラアンテナの故障ならば診断費用は有償になると言う。
しかし、BS/CSデジタル機器はブラビアしか持っていないので、アンテナの不具合までは切り分けられない。
そこで、BS/CSアンテナを外して保証書と一緒に販売店へ持って行ってみた。
ホームセンターなのだが、すぐさまレベルメーターと対応テレビを使って確認してくださって、アンテナは問題ないことが判明した。

こうなるとブラビアの故障が濃厚だが、ホームセンターのスタッフもBS/CSチューナーだけが故障するといった不具合は聞いたことが無いと首をひねっている。接続不良の可能性を暗に指摘している様だった。

ふと、BSアンテナへの電源供給が正常に行われていないのでは?と考えた。
この部分は、デジタルチューナーとは独立している気がする。メニューから給電の有無を設定するわけで、給電するように設定しているが壊れている可能性はあろう。
ブラビアの代わりにBSアンテナへ給電する機器があれば、それを検証できるな。

プレイルームのPCにBS内蔵ビデオが接続されているのを思い出して、そいつでBS/CSアンテナへ給電してやることにした。
信号規格は違うが、給電に関しては問題ない。
ブラビアとBS/CSアンテナの間にBS内蔵ビデオを繋ぎ、BSアンテナへの給電はビデオで設定し、ブラビアの給電設定はオフとした。
すると、BSもCSも正常に受信できるようになり、アンテナレベルも回復した。

BS内蔵ビデオのアンテナ給電設定をオフにして、ブラビアのそれをオンにしても受信は出来ない。
結果、ブラビアのアンテナ給電機能に不具合が発生していると考えられる。

明日にでもサポートへ修理依頼することにしよう。


-5月21日追記-
チューナーユニット交換で修理完了した。
BS/CSアンテナへの電源供給部だけが故障するのは珍しいとのこと。
薄型テレビは重量こそ少ないけど、これだけ面積が大きいとサービスマンも二人がかりで対応せざるを得ないのね。サポート大変だな。
修理中に内部を見たが、12cm位の廃熱ファンが2基と6cm程度のCPUファンが1基あった。ファンレスはなかなか難しいのかな?

|

« 自転車雑誌 | トップページ | 坂隊ジャージ完成! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/15110521

この記事へのトラックバック一覧です: SONY BRAVIA X1000の故障:

« 自転車雑誌 | トップページ | 坂隊ジャージ完成! »