« バナナの呪い | トップページ | しらびそ峠二本目 »

2007.04.25

りんりんの死

2004年の七夕にやってきた金魚のりんりんは、国内の旅先にはいつも一緒に連れていた。

みーちゃん氏がお世話をしていて、それなりに可愛がっていたのだけど、今年の春先から白カビ病に悩まされて、水換えでしのいできた。

水換えのサイクルを詰めたところカビも消えて元気になったから、安心していたんだよね。

ところが、一昨日からまた元気がなくなって、今朝死んでいた。

塩水を使った根治療法を試さなかったのは、消極的過ぎたのかも知れない。

金魚も餌をくれる人を憶えるようで、それなりに感情移入できるペットになる。

それでもりんりんの死を知った娘たちの反応が今ひとつなのは、親であるボクらのレスポンスの悪さを映しているのだろう。

|

« バナナの呪い | トップページ | しらびそ峠二本目 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/14842343

この記事へのトラックバック一覧です: りんりんの死:

« バナナの呪い | トップページ | しらびそ峠二本目 »