« 春爛漫 | トップページ | ブロンプトン子ども乗せモデル »

2007.03.30

極小径車ふたたび

6inchのHandybikeや8inchのZerobikeを手放して以来、極小径どころか小径車からも遠ざかっていた。

A-Bikeには期待していたけど、樹脂部品の強度が低くてとても乗る気になれない。
ギヤボックス内のシャフト曲がりやコグ割れのトラブルは定番になりつつあるようだけど、シートチューブのステイとトップブリッジとのヒンジは千切れるし、アンダーチューブの中央ヒンジも割れる不具合を見た。
ベアリングが入っていないヘッドチューブのハンドリングは切れ込みを抑えにくく、HB-6やゼロバイクに慣れた身にも違和感が強い。
ちょっと命を預けるには足りない要素が多いと思う。東京などのような平坦路ばかりなら、まぁ許せる範囲かも知れないけど。

次点として気になっていたのは、PacificのCarry-me。
ルイガノやOXブランドで二年ほど前から販売されている8inchの極小径車で、ハンディバイクHB-8と同じように、縦に長く折り畳めて自立する。また、そのまま転がして移動できる。
重量は8kg前半と、HB-8よりも若干軽い。ハンドルバーもKAHENSIKI-KOMAと同様の折り畳み式で、横幅が小さくなる。
折り畳みの構造も単純で剛性も高い。手順も容易で素早く折り畳み展開ができる点が良い。
しかし、フロントフリーでチェーンもマイクロピッチのポケバイ用と特殊。ギヤ比の変更が難しく、動力性能に手を入れることは困難だ。

KOMAも候補に挙げられるが、いかんせん高価。なおかつ、あの動力性能を6inchで受けとめるのはどうよ?って思う。
HB-6でタイヤにはちょっと悩まされた。さりとて、ZEROBIKEなら安心だったかと言うと、実はあの8inchタイヤで段差越えを失敗して怪我をしたんだよね(苦笑)。

今日、和田サイクルさんへ行った。で、見てはいけないものに気付いてしまったのが運の尽き。
詳細はまた後日。


写真は某有名作画監督兼イラストレーター氏のブロンプトン。
今日納車だそうで、9kg台だそうです。
ロー付けの金、クロモリのいぶし銀が美しいクリア塗装のフレームにフロントフォーク、リア三角、シートポストがチタンの特注モデル。二十数万と価格も吃驚だけど、ブロンプトンの乗り心地に約3kgの軽量化は充分その価値があると思うのだけど、やっぱ感覚が麻痺してるかな?

オーナー氏に教わって知ったのだけど、チタンモデルから専用設計の外装2速がラインナップされたのね。
すこぶる変速性能の調子が良いし、壊れにくそうで快適な予感とのことでした。

チタンモデルのカタログ品はストレートハンドルだけど、アップハンドルになっているのもオーナー氏のこだわり。
やっぱりブロンプトンはアップハンドルだよね。ってことで、アップハンドルご指定なのだそうです。
ステムも短くなるので、その分も若干軽量化になるかも?との事でした。アップハンドルは軽合金製で随分軽そうなので、クロモリのステムが短くなる分の方が軽いかも知れません。
ストレートハンドルはチタン製だったかな?

奈良から来たご夫婦がLineup Mini 125の新型を2台買って行かれました。
今はMDEBIKEって名称変更されたみたいですね。ソリッドタイヤのイタリア発極小径デモンタブルで、以前試乗させてもらったときよりもタイヤのグリップが上がった感じがしました。
しかし、踏み込むとグリップが抜けて尻を振るので、ポタリング専用かも?
和田さんのメインバイクの一つで、青山から桃井まで走ったこともあるそう。振動が多いのは玉に瑕。

そのご夫婦は黄色と赤でコーディネイトしたインター3改造トラコンをお持ちだそうで、カフェにも持ち込んで盗難の気兼ねなくポタリングできる自転車が欲しくてMDEBIKEを選ばれたとの事。
パンクの心配が無いのもポイント高いとのことでした。

購入された2台の内の1台は、和田サイクルオリジナルのイエローコーディネイトモデル。
蛍光イエローのタイヤに合わせて、同色のブレーキレバーに蛍光イエローのフィジークアリオネが付いた特別バージョン。
ノーマル品よりタイヤの厚みがあって、ちょっと柔らかい乗り味が良かったですよ。
これからのシーズン、古都のお散歩には丁度良さそうで羨ましいな。

|

« 春爛漫 | トップページ | ブロンプトン子ども乗せモデル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/14463895

この記事へのトラックバック一覧です: 極小径車ふたたび:

« 春爛漫 | トップページ | ブロンプトン子ども乗せモデル »