« 2007年2月の走行記録 | トップページ | W-ZERO3はわが家で大人気 »

2007.03.01

2007初登山@陣馬形山

吹き荒んでいた北風は微風に変わり、朝から心地よい早春の陽光につつまれている。
霞がかってはいるけれど、空には雲一つ無い。

昼から無理矢理4時間ほど作って、中央アルプスと南アルプスの絶景を眺めにでかけた。

河川敷の梅畑は満開の白い花。
比較的強い向かい風になったが、快調に飛ばしていった。

陣馬形山へのアプローチは、時間がないので最短距離を取って美術館方面から風三郎神社前に出る激坂を登る。
トリプルギヤのチタニオだからへっちゃらと思っていたのに、コンクリート舗装の場所で苦しくなって降車した。
300mほどを押し歩き…。去年はAllezでも登り切った坂だから、トレーニング不足だろうね。

林道から山頂キャンプ場へと向かう道へ入っても、雪はほとんど無かった。
標高1200メートルを越えた頃から、日陰がちの場所にアイスバーンが少々。坂隊の隊長さんを見習ってロードタイヤで走破を試みるも、リアが滑った拍子に右足が腓返り。今日はまったく冴えないな(苦笑)。
左足も攣りそうだし、右膝裏の筋肉まで攣りそうになった。雪道は素直に担いで行く。
押し歩いても良いのだが、ブレーキキャリパーに雪が詰まってシューがひどく濡れるから担ぐことにした。

山頂キャンプ場入口までの林道の雪は無視できるほどだったが、折草峠へ続く下りは延々アイスバーンが続いていた。
道路維持工事中だから、どちらにしても先へは進めないけど(苦笑)。
どっこい、キャンプ場へ入る200mほどの道程も雪。ここも担いで行く。

キャンプ場は立ち木も無く開けているので、雪は皆無だった。
チタニオを担いだまま、山頂展望台までキャンプ場内を登る。
キャンプ場内は枯れ芝に覆われて足場は良かった。しかし展望台は酷くぬかるんでいた。

霞んでいるが、中央アルプスも南アルプスも眼前に美しく拡がっている。
途中のしんどさも、まったく問題にならないご褒美だ。
毎度のことながら、時間がないので大急ぎで写真を撮って、双眼鏡で山々を眺めて下山した。

1000mを超える標高では、暖冬と言ってもまだまだ寒い。
背中のポケットからウィンドブレーカーを出して、着込んでから来た道を下っていった。
勿論、アイスバーンになっている場所は降車してパスする。

Dist 65.07km,Time 3:13:42,Ave 20.1km/h,Max 60.2km/h

|

« 2007年2月の走行記録 | トップページ | W-ZERO3はわが家で大人気 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/14097215

この記事へのトラックバック一覧です: 2007初登山@陣馬形山:

« 2007年2月の走行記録 | トップページ | W-ZERO3はわが家で大人気 »