« 苺いちご | トップページ | ALANパンクの為CARRERAにて練習中 »

2007.02.20

W-ZERO3の不具合

先週末のこと、突然W-ZERO3(WS003SH)から無線LAN経由でアクセスポイントに繋げられなくなった。
しかも、サーバーまで調子が悪い。
Wiiもインターネットが使えなくなっているので、アクセスポイントの問題かも知れない。
だが、自宅用とはアイソレートされた仕事用のアクセスポイントへも、W-ZERO3から繋げられなくなっている。偶に接続が確立されるのだが、利用している内に切れてしまいダイヤルアップしようとする。

取り敢えず、アクセスポイントやルーター類、サーバーも含めてリセットをかけた。
結果、PCやWiiからのインターネット接続は回復した。しかし、W-ZERO3は相変わらず。
接続設定をやり直しても、一時的には回復するがすぐに接続が切れてPHSからダイヤルアップしようとする。

無線LANの接続先リストを見ると、わが家のアクセスポイントがリストから消えている。
何度登録し直してもリストに表示されず、のらAPばかりがリストアップされてしまう。
それらは正常に動作していたときも見えていたAPだが、今までは登録していたわが家のAPもちゃんとリストに載っていた。
どうもステルス設定されているAPに繋げられなくなってしまったようだ。

考えられる原因は、昨夜インストールしたVirtual Earth Mobile (VEM)。
Google Mapに似たモバイルPC用のオンライン地図ビューアーで、自己位置をGPS機器からの情報のほか、無線LANから取得する機能がある。
プロバイダ情報か何かから住所を抜いているのか50km近い誤差のある位置情報だったが、VEMの初回起動時に表示される地図は米西海岸なので、50km程度の誤差でも自動で表示変更してくれるから便利ではある。
そして、この機能が今回の不具合の要因だろうと思っているのだが…。

VEMはとても面白いアプリケーションだが、地図の読み込みが遅すぎて実用的ではない。
Google Map Mobileと違い、日本エリアも地図が提供されているから、表示スピードさえ改善されれば使えるのだが…。ってか、VEMの地図がGoogle Map Mobileで使えれば良いんだけど(苦笑)。

VEMが不具合の原因かは面倒だから検証しないが、使い物にならないツールだからアンインストールした。
更にVEM導入前にバックアップした環境を復元したら、無線LAN接続の不具合は解消した。

VEMの地図を利用して、位置情報はPHS基地局情報を使うフリーウェアVEM_MAPがリリースされている。
このアプリケーションはPHSで得た自己位置に該当するVEM地図の1枚を取得するもので、地図のシームレス表示やスムーシングには対応していないが、とても高速に自己位置周辺の地図が取得でき実用的だ。
また、シームレスな地図表示が必要なら、W-ZERO3専用に提供されているちず丸 for WILLCOMをIEの全画面表示と併せて利用すれば使い勝手は良い。


さて、バックアップツールでも不具合に遭遇。
バックアップツールを使ってバックアップしようとすると、エラー(番号65553)が表示されてバックアップできなくなった。
ネット検索してみると、シャープのサポートQ&Aに回答が載っていた。ソフトのバグだと思われるが、ユーザー側で原因となっているファイルを削除すれば使えるようになるとのこと。
詳しくは、こちらを参照。

|

« 苺いちご | トップページ | ALANパンクの為CARRERAにて練習中 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/13938131

この記事へのトラックバック一覧です: W-ZERO3の不具合:

« 苺いちご | トップページ | ALANパンクの為CARRERAにて練習中 »