« 陣馬形山 パノラマ写真 | トップページ | 止まらない空気漏れ »

2006.11.15

前後輪パンク…

キャットアイのワイヤレスサイクルコンピューターCC-CL200は電池交換時に積算距離計を引き継げない。
その後にリリースされたモデルも電池交換するとリセットされてしまうが、積算距離計の初期値をユーザーが入力できるようになっている。

低温時にセンサーからの電波を受信しなくなったため電池交換が必要だったのだが、昨日やっと電池を交換した。
CR2032ボタン電池は百円ショップでサンヨー製を購入。
素早く電池を交換したらリセットされないかも?とスリープ状態で手早く電池を交換したところ、思惑通りに周長や時計設定、積算距離もリセットされずに引き継ぐことができた。
取り敢えずでも試してみるものだね(笑)。

今日は昼から3時間ほどもらって、隣町を見下ろす展望台までの往復をTITANIOで。

途中、ヒルクライムのTTコースとして検討中の区間でタイム計測。
このコースをカシミール3Dで計測したところ、沿面距離11.891km、標高差576mとなっている。
先日も固定ギヤのロールで計測。44分10秒だった。
TITANIOでの記録は42分09秒。冬季閉鎖前にALLEZでも記録を採っておきたい。

二つの峠を越えて茶屋まではいつも通りのペース。いたって順調だった。向かい風だったのが辛かったけど、ちゃんと指先まであるグローブをしていったから寒さは堪えない。
展望台までTITANIOを担いで登り、小休止。

折り返し、再び二つの峠を越え、長い下りでハプニングが…。
落ち葉で道路の穴を見落とし、前後輪をリム打ちパンクさせてしまった。
みーちゃん氏との待ち合わせまで70分しかない。ここから40分は掛かるため、修理に割けるのは30分。ケータイは場所柄繋がらないことが多いので持っていない。戻って一つ峠を越せば、旧い集落の入口に公衆電話があった筈。そこまでは自転車で20分ほどだろう。

サドルバッグには交換用のチューブが1本とパナレーサーのイージーパッチが6枚入っている。
インフレーターもトピークのロードモーフをシートチューブに付けているから、まぁなんとかなるだろう。
道路幅が広く見通しの良い場所へ移動し、サイコン本体を外してポケットに入れ、TITANIOの天地をひっくり返してホイールを外す用意をする。

まず後輪のクイックを弛めてフレームから取り外し、タイヤレバーを使うことなくタイヤとチューブを外した。
チューブにはベビーパウダーをはたいてあるのでパンク箇所がわかりやすい。案の定、スネークバイトと言われるリム打ちパンク特有の2つの穴が見つかった。

汗拭きで穴の周辺を拭いて、ガードレールにあてがいながら紙ヤスリで穴の周りを粗しイージーパッチを貼る。1枚で2つの穴を塞ぐにはパッチが小さいため、一部パッチを重ねることになった。
ところが、低温のためかいつものように綺麗にパッチが着かない。完璧に穴を塞ぐのは無理そうなので、後輪は予備チューブを入れることにする。

タイヤの状態を見ると、4ヶ月前にフロントタイヤからローテーションしたばかりなのに、もうフロントよりトレッドが少なくなっている。ついでなので、フロントタイヤを新しいチューブと一緒に後輪へ入れローテーションし直すことにして前輪を外した。

前輪のタイヤチューブもサクサクっと取り外し。こちらも後輪同様、チューブにはスネークバイトがあった。

外した前輪のタイヤの内側を触診して異物が無いことを確かめ、サドルバッグから取り出した予備チューブに軽く空気を入れてタイヤへ収め、後輪ホイールに組み付け。

前輪には修理した後輪のチューブとタイヤを組み付ける。パッチが綺麗に貼りついていないため空気漏れが心配。まぁ、取り敢えず待ち合わせ場所まで行ければ良い。

修理中、通りがかる車が様子を見るため停まってくれた。
心配そうに声をかけてくださる方もあって、とてもありがたかった。都合4台もそういった車があって、とても心強かった。

結局、35分掛かったが手際よく修理できたとは思う。遅れは下りで取り戻せるだろう。

しかし、途中で前輪の空気圧が足りなくなって、空気を充填し直した。スローパンク状態だね。路面の荒れているところは特に慎重に下る。
お陰でオーバーした5分は取り戻すことができなかった。しかし、みーちゃん氏が次の予定を急いでくれてなんとかなった。ありがとう。

夜、前輪チューブのパンク箇所を再修理して、ついでにもう一本のチューブもパンク修理。それを後輪の予備チューブと交換した。つまり、前後輪共にパッチ修理済みのタイヤチューブって次第。
今度は脱脂もきちんとしたし、イージーパッチも暖め、綺麗に貼ることが出来た。ところが、まだ前輪チューブはスローパンクしてる感じ。
二度も取り外して確認したのだが、どうしても空気漏れを確認できない。取り敢えず、このまま使用することにする(苦笑)。

それにしても、TITANIOはリム打ちしやすい。ライダーが下手なんだろうけど、いい加減にタイヤを換える潮時なのかもな。

Dist 50.27km、Time 2:15:19、Ave 22.3km/h、Max 53.5km/h

|

« 陣馬形山 パノラマ写真 | トップページ | 止まらない空気漏れ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/12699203

この記事へのトラックバック一覧です: 前後輪パンク…:

« 陣馬形山 パノラマ写真 | トップページ | 止まらない空気漏れ »