« 2006年8月の走行記録 | トップページ | 傷も癒えて »

2006.09.02

ポンポン船を作ったぞ

長女H氏と森林公園の体験学習へ行って、ぽんぽん船を作って遊んだ。

蒸気エンジンは5mmのアルミパイプをコイル状に一周巻いたもので、コイル部分がボイラーになる。

船体は発泡スチロール製のカレー皿。

パイプの両端はストレートに伸ばして、船尾に見立てた方向から水中に沈む位置に固定する。

蒸気エンジンはガムテープとペットボトルのキャップを使って固定し、コイル部分に炎が当たるように両面テープでロウソクを立てて完成。

ストローを使ってアルミパイプ製の蒸気エンジンに水を満たし、水面に船体を浮かべてロウソクに火を点ける。

数秒後にはコイル部内の水が沸騰して水蒸気が勢いよく水中のパイプ端から出、その反動で船体が進む。

水蒸気が排出されて負圧となったパイプ内に水が吸い込まれ、再びコイル状のボイラーで沸騰して水蒸気が発生する。
これの繰り返しで船が前進する。

蒸気エンジンの容積が小さいためか、ポンポンという音はせず滑らかに水面を走って行く。
障害物に当たると、蒸気の排出と吸水とを繰り返す振動を波紋として確認することができた。

蒸気エンジンはストレートパイプから作られていたし、ロウソクも適当な長さにカットされていた。
組み立てるだけの簡単な工作だったのに、今日は長女H氏があまえてしまって自分で作ろうとしない。
こんな事なら付き添わねばよかったかな。

仕方ないから、最初の一艘はほとんど手伝った。
試走中にロウソクの熱で船体が溶けてしまい、熱避けのアルミ箔を貼って作り直しすることになったので、そこからはH氏に一任した。

ボクがトイレのため中座している間に、講師の方に改良の仕方を聞いて工作も自分でしたら、いつもの調子が戻って後は勝手にやっていた(笑)。


体験学習後は噴水で水遊びするのに付き合い、売店でアイスクリームを食べて帰路に。

途中、学生時代からの友人K氏宅へ寄って出産祝いを渡す。
彼はいつの間にか離婚して、いつの間にか再婚してて、いつの間にか子供が生まれていた(笑)。
奥さんも初めて会った(苦笑)。

長男Hくんは三ヶ月の乳児とは思えないほどしっかりした顔つきでびっくり。
目鼻の縦位置のバランスが大人っぽいのかな?


夕方から、峠越えの後に9kmほどのダブルトラックダートを走る40km周回コースへサイクリングへ。
峠越えして林道に入った頃までは順調だったが、ダートにエントリーして4kmほどでリアタイヤがパンク。
山でのチューブ交換は初めてだが、低圧タイヤってこともあってかサクっと終了。

パンクの原因はリム打ちだろうと思われる。
雨が多かった為か、路面の砂が流されてガレが酷くなっていた。
慎重にライン取りしたつもりだったが、ややスピードが高く、ギャップの乗り越えでリジットのリアタイヤだけがパンクしたのだろう。

パンクしたことにすぐに気付き、空気が抜けきる前に降車して対処できたのは不幸中の幸いだったかな。
しかし、その後に…。

峠の隧道を抜けると、後は舗装路を下るだけだ。
沢が路面を渡っている箇所も多く、速度は抑えめに走る。
見通しの良い場所ではそれなりにスピードも上がるけどね。
そろそろ林道も終わりという一番大きなヘアピンカーブの道路脇で、軽自動車が一台立ち往生してドライバーがジャッキアップしていた。
と、路面に水が流れている。減速したと思うのだが、カーブに差し掛かった途端に落車した(苦笑)。

右カーブだったからだろう。右方向へ放り出され、自転車も右へ倒れたまますっ飛んでいった。
右手で受け身を取ったらしく、手のひらに擦過傷があった。
その他、左足の親指が痛む程度でちゃんと立つこともできたし、自転車も回収して走れるかどうかを確認することができた。

落車の原因を確認しようと転んだ場所へ行くと、左法面からヘアピンカーブの路面を横断している沢水の流れに藻が繁殖して、1メートルほどの幅で路面がぬるぬると滑りやすい状態になっていた。
何度も通り過ぎている場所だからちょっとショックだったが、いつもより減速のタイミングが遅かったか、倒し込むタイミングが早かったことも一因だろう。

自転車の方は、幸いに大きなダメージは無かった。
すぐに走れるように調整して、結局いつもより30分遅く帰宅。
みーちゃん氏に謝りながら、傷の手当をしていただきました。
結局、擦過傷の他に、左足親指の打撲が一番酷く、右腰、右膝、右胸にもちょっとした擦過傷があった程度。
月曜日からは、また普通に走れるだろうとは思う。

|

« 2006年8月の走行記録 | トップページ | 傷も癒えて »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/11743248

この記事へのトラックバック一覧です: ポンポン船を作ったぞ:

« 2006年8月の走行記録 | トップページ | 傷も癒えて »