« LOUISGARNEAU LGS CM | トップページ | 夕立 »

2006.08.15

変速不調

みーちゃん氏はお祖母ちゃんたちと一緒に子供たちを連れて東京ドームシティへ遊びへ行ったので、午後からTITANIOでサイクリングへ。

多摩川サイクリングロードを海方向へ走ろうと、狛江から右岸へ渡り30km/hキープで走る。

空は雲が垂れ込めて、今にも降り出しそうだ。

浮島まで行くつもりだったが、二子多摩川で見切りをつけ都心回りで戻ることにして、目黒通りを白銀方向へ。

ところが、雲行きはいよいよ怪しい。都心回りも断念して、環七へ戻り井の頭通りから吉祥寺へ。

TITANIOは快調に走っていたが、吉祥寺も近くなった頃からフロントアウターへの入りが悪くなった。
引きが足りないかと思い、アウター受けのテンショナーを引き、それでも足りずにディレーラーの動作制限用ビスを弛めて対応した。

しかし青梅街道へ入った頃、再びフロントアウターへ入らなくなった。
再び調整し直そうかと走りながらクランクに目をやると、BBの右ワンが5mmほどハンガーから外へ飛び出していることに気付く。
TITANIOのBBハンガーは左右正ネジのイタリアンタイプで、充分な力で締め付けたつもりだったがグリスを塗って組んだのがいけなかったのだろうか?
JISと違ってイタリアンの右ワンは逆ネジになっていない。使っている内に弛みやすいのは致し方ない。
ネジ止め剤を使って組むべきだったのかも知れない。

そんな訳で、写真はRacefaceのISIS用BB工具とシマノの8mmアーレンキー。
TITANIOは9sアルテグラで組んでいて、BB工具はISIS用と互換性がある。
ちなみに、ISISタイプはクランクシャフトが太いため、シマノのオクタリンク用BB工具でISISのBB脱着はできない。
32mmのヘッドレンチやモンキーレンチで扱うシマノの工具と違い、レースフェイスのBB工具は8mmアーレンキーやラチェットレンチで扱えて便利だが、背が高いために力を入れにくいというデメリットもある。

|

« LOUISGARNEAU LGS CM | トップページ | 夕立 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/11477975

この記事へのトラックバック一覧です: 変速不調:

« LOUISGARNEAU LGS CM | トップページ | 夕立 »