« 2006年6月の走行記録 | トップページ | 梅雨の合間に一走り »

2006.07.04

椅子の増殖

最近、椅子がまた増えている。

19世紀末に活躍した建築家のマッキントッシュがヒルハウスのために設計したハイバックチェアのレプリカを、みーちゃん氏の薦めで数年前に買ったのがきっかけで、デザイナーズチェアにはまった。

以後、物欲と出遭いが一致した時に少しずつ増えていった。

2年ほど前にストッケのエクストレムを手に入れて、一段落かな?なんて思っていたら、フィリップ・スタルクのラ・マリーをダイニング用にまとめ買いしてしまった。

ポリカーボネイト一体整形とは言えけっこう撓って怖々座っていたが、最近は慣れたようだ。

スタルクの椅子はエロエス以来だが、見た目の割にとても座り心地良く吃驚する。

しかし、プレイルームのPCチェアに使っているフラフープは座面が大きすぎてしっくりこない。
スタルクのデザインは素晴らしいが、すべてが自分にぴったりくる訳でもないな(苦笑)。

|

« 2006年6月の走行記録 | トップページ | 梅雨の合間に一走り »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/10784637

この記事へのトラックバック一覧です: 椅子の増殖:

« 2006年6月の走行記録 | トップページ | 梅雨の合間に一走り »