« 熱中症?ハンガーノック?? | トップページ | 和田サイ詣で »

2006.07.26

(新)極楽峠

まだ梅雨は明けていないが、朝から晴れた。

夏休みに入って初めての真夏日とあって、長女H氏は朝からラジオ体操に繰り出し、午後には学校のプールへ行ったらしい。

彼女はまだきちんとしたフォームで泳げない。
昨シーズンの水泳の授業は10回も無かったようだ。
今シーズンも、夏休み前に泳げたのは僅かに3回。
スイミングスクールにでも通っていないと、なかなか泳げるようになれないのが実状らしい。
それでも、今日はばた足でそこそこ泳げたそうで、興奮した口調で報告してくれた。

そんな日の夕方、ちょっと時間を作って走りへ行った。
今日はご飯をきちんと採り、水分も充分補給。ボトルへも水道水ではなくスポーツドリンクを入れた(笑)。
そして、固定ギヤのロールではなく、新型デュラ搭載のアレーを使う。これで、昨日のリベンジができるだろう。

今日は峠へのアプローチ前に昨日の酒屋へ立ち寄り、スポーツドリンクを1リットルも補充して登坂に臨んだ。

33体の観音様が祀られている旧い街道の峠なのだが、現在は新たに林道が整備され、しかも舗装されているのでロードバイクを使っても短時間でパスできる。
しかし、林道は旧い街道をトレースしているわけではなく、ピークも古道とは違う場所になっている。
そのため、乗り物では国土地理院の地形図に記されている「極楽峠」を越えることはない。
ちなみに、林道のピークには新たに「極楽峠」の石碑が建てられてはいる。
そこで、(新)極楽峠ってな次第だ。

暑気対策さえしっかりされていれば、比較的楽に登坂できる。
特に下條村からのアプローチは舗装の状態が良く、斜度も緩めでポタリング気分だ。

峠の手前2kmほどの小山の頂部に展望台がある。
標高990メートルほどの場所だが、北側が180度以上も開けていて、なかなかのパノラマを楽しめる。
写真はそこからの眺望。
晴れた冬の日などは、遠く中央アルプスも見渡せるらしい。
水蒸気の多いこの季節では、ちょっと確認することができなかった。

展望台から2km、標高にして220mほども登ると、(新)極楽峠に至る。

極楽峠を越えて南へ下ると、旧浪合村へ至る。
今日知ったのだが、今年になって阿智村に編入されたんだね。

林道極楽峠線の浪合側は、舗装の状態がとても悪い。
斜度もきつめで、こちら側からの登坂はちょっと苦労するかも知れないな。

和知野川沿いに西進し、国道に出たら右折。
こっちからなら寒原峠も簡単にパスできる。

後は7.5kmのダウンヒルを楽しみ、帰宅ラッシュの国道から外れて住宅街をちんたらと戻っていった。

-今日の走行記録-
Dist 59.75km
Ave 22.8km/h
Time 2:37:08
Max 69.5km/h

|

« 熱中症?ハンガーノック?? | トップページ | 和田サイ詣で »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/11108203

この記事へのトラックバック一覧です: (新)極楽峠:

« 熱中症?ハンガーノック?? | トップページ | 和田サイ詣で »