« 週末はお洗濯日和 | トップページ | もう食べられません…って嘘! »

2006.05.21

我にコンパクトを!

予定通り早起きしてサイクリングに出掛けた。

放射冷却なのか気温は低め。お陰で長男S氏も一緒にお目覚め。
彼にミルクをあげながら、カシミール3Dをながめつつ行き先を検討。
10時半には家族でいちご狩りへ出掛けるので、4時間以内に戻る必要がある。シャワーを浴びる時間も含めて、3時間半で戻れるルートでなければ。
ってことで、先月カレラ・ロールで走った4峠越えを、今度はアレーでチャレンジすることにした。

このルートには後半2つの峠に迂回路があるので、時間が足りなくなればコースを短縮できる。
冬季を除けばそれほど人里から離れているわけでもなく、車の通りも適度にあるから、トラブルがあっても命にかかわることは少なそうで安心だ。

長男S氏を寝かしつけ、ストックの栄養機能食品で軽い朝食を済ませて走り出す。
いつの間にか陽が昇っていた。

空は見事な五月晴れだ。しかし、早朝ということもあってか肌寒く、上衣はTシャツ一枚では心許なくワークシャツも羽織った。指切り軍手もして、4月上旬の出立。

登坂は順調。車体の軽さが幸いしてか、JOJOよりもハイギヤードながらシッティグのまま登って行く。
途中、ニホンザルの群に何度も出会った。
路側にいたニホンリスがボクに驚いて近くの杉の木に駆け上がる姿が妙におかしくて、そのすぐ後に出会った小猿の一団に気付くのが遅れて今度はこっちが吃驚したな。

最初の峠まで残り2kmあたりでギヤを使い切ってしまった。
インナー39tではまだ足りない。アウター53tは捨て難いが、50-36tのホローテックIIコンパクトドライブが欲しい!

そうは言っても、カレラやJOJOよりも速い63分で最初の峠をパス。
一気に下って廃村に入ると、冷気で指先が凍えた。
ちなみにシーズンインしているから民宿などに人の気配があって、廃村って言っても不気味さは微塵もない。

特に休憩もとることなく、次の峠へ。
こっちは後ろのギヤを1枚残して登り切った。距離も短いから、大したことはない。

ふたつめの峠を軽く越え、ダウンヒルを楽しむ。
これは固定ギヤのカレラには無い醍醐味だ。勿論ホイールをひっくり返してフリーギヤにチェーンを掛ければいいのだが、グリップの低いタイヤと剛性の低いブレーキキャリーパーの我がカレラは、バック踏みながらスピード抑えて下るのが適している。ってか、ホイール付け直すのが面倒なだけか(笑)。

途中、北アルプスまで見渡せる展望ポイントでトイレ休憩。
雨後の晴天ってこともあってか、春らしくなく遠くまで景色が続いている。
朝早いため茶屋は仕舞っているが、併設されているトイレはいつも利用できてありがたい。

峠を下りきると、まだハナモモが咲いていた。

国道に入りみっつめの峠を目指す。

時間も充分だったので、国道の新しいトンネルは使わずに旧道へ入り峠をパス。
スノードーム下のバリケードが何故か倒れていたので、適当に直しておいた。
写真を撮り、ついでに持参した補給食を採ってよっつめの峠に備える。
最後の峠は激坂。前回は一部歩いて登ったほどだ。

今日はギヤを使い切りながらも、なんとか登り切ることができた。
この峠は渓流沿いの細道を登って行くが、峠は奇妙に開けていて興が削がれる(苦笑)。

最後のパスハントを終え、あまり整備が行き届いているとは言えない峠道を駆け下る。

再び国道へ入り、一気に市街まで戻って行った。
予定より早く帰り着いてシャワーを浴びていたら、子供たちが起き出してきた。

-今日の走行記録-
Dist 70.49km
Ave 21.5km/h
Time 3:16:58
Max 60.1km/h

|

« 週末はお洗濯日和 | トップページ | もう食べられません…って嘘! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/10174964

この記事へのトラックバック一覧です: 我にコンパクトを!:

« 週末はお洗濯日和 | トップページ | もう食べられません…って嘘! »