« 完熟の見極めは難しい | トップページ | 藤の花 »

2006.05.10

ゴルフトゥーランのマイナーチェンジ

昨日、ゴルフトゥーランのマイナーチェンジモデルが正式に発表された。

carview.co.jpの記事へのリンク

2.0リットルモデルのTouran GLiは自動光軸調整付きキセノンガスディスチャージヘッドライトにヘッドライトウォッシャーとパークディスタンスコントロール(リヤバンパー内蔵型障害物センサー)を標準搭載したのが追加機能。
併せてアルミホイールのデザインが変更され、コストダウンに伴いマフラーのO2センサー数が5個から4個とされたためエンジン型式はBLRからBVYへ変更になったそうだ。
本体価格も5万5百円アップとなったが、追加装備から考えると値上げ幅はとても小さい。

1.6リットルモデルのTouran Eはアルミホイールが標準装備となって、GLi同様にシフトノブとサイドブレーキレバーも革巻きになった。
エンジン型式が変わったのでコストダウン関係もGLiと同様だろうが未確認。
以上の装備追加で3万5百円の価格アップは頑張っていると思う。

尚、この他にサイドの拭き残しが多かった対向ワイパーを廃止して、右ハンドル専用の左右動作タイプ(一般的なワイパー)へ変更になったそうだ。
更に、部品の共通化を目的としたシート変更もあり、座面デザインが変更になって、サイドサポートも柔らかくなったそうだ。
また、ボディーカラーの黒に変更があり、ブラックマジックパールエフェクト(Z4)を廃して、新型パサートと同色のディープブラックパールエフェクト(2T)となった。


トゥーランGLiのエンジンは、昨年の特別モデルXE投入を機にAXWからBLRへ変更になっている。
これはインジェクションのメーカーを変えたためと聞いている。結果、カタログ燃費が向上していた。
今回のO2センサー数の減少でBLRからBVYになった訳だが、その結果、カタログ燃費も若干悪くなったようだ。

GLi 燃料消費率カタログ値の変化 AXW:10.2km/lBLR:11.6km/lBVY:11.0km/l

メルセデスベンツユーザーから特に良く聞かれるが、ゴルフトゥーランも同クラスの国産車に比べて実用燃費が良いと思う。
トゥーランGLiでの平均燃費は10km/lほどになる。高速道路では燃費の良さが顕著で、特別エコロジー運転を心懸けなくてもAXWで12km/lはかたい。


噂では、ゴルフトゥーランは年内にでもビッグマイナーチェンジが発表されるようだ。
新型ゴルフやジェッタと同様にフェイスリフトされ、リアコンビネーションランプの形状も変わって、現在の良い意味での地味なデザインを払拭する考えらしい。
ゴルフGTiを駆る老人が格好良く見えることだし、ビッグマイナーチェンジ後のトゥーランも年代を問わず良い感じに生活に取り込めるデザインへ落ち着くような気はするが、トゥーランはゴルフじゃないんだ!って主張が無くなるようで寂しく感じることでもある(苦笑)。

|

« 完熟の見極めは難しい | トップページ | 藤の花 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/10005481

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフトゥーランのマイナーチェンジ:

« 完熟の見極めは難しい | トップページ | 藤の花 »