« 里山はまだ桜が楽しめます | トップページ | 梨の花 »

2006.04.22

花冷え、雪景色

昨日は寒冷前線の通過で大荒れの天気だった。

風邪気味だった次女H氏は発熱。
洟は逆に止まって、本人は元気なんだよね。でも、妙に甘えてくるけど。
食欲はイマイチだったみたいで、チョコレートアイスとパスタを食べさせ早めに寝かせた。

長女H氏と長男S氏はいたって元気でありがたい。
S氏は四ヶ月検診だったので、酷い強風で小石も舞う中、保健センターまで連れていった。
結果は順調。でも、ちょっと肌が荒れ気味か?来週、皮膚科で診てもらう予定。
H氏は3年生のドリルを始めた。問題の漢字に戸惑う程度で、順調にこなせるようになっている。
国語の問題集も与えているが、こっちは2年生用。ちょっと物足りないようだ。
さて、いつまでこの意欲を持続できるだろうか?

ボクもみーちゃん氏も風邪を貰ってしまったらしく、二人してぐったりしながら用事を片付けている。
こういう時に限って忙しいので、結構ヘロヘロ(苦笑)。

あまりに寒いので、ファンヒーターを使ってしまった。
何のことはない、外は小雪が舞っているじゃないか…。


天気予報では土曜日の午前中は晴れ。そして、日曜日は終日雨になっている。
体長はイマイチだが、早起きして走りに出掛けることにした(笑)。
5時半には出ようと思ったが、準備万端、さて出掛けようという矢先に長男S氏がミルクを所望。
結局、6時ちょい前に出発。

外は素晴らしい快晴。
山には、昨日積もった雪が白く輝いている。

峠道の入口を示す石柱の脇に咲く桜と雪山との対比がなんとも(苦笑)。
な~んて説明口調です。

クララNで喉の痛みを和らげながら、いつもよりゆっくりペースで登坂。
寒いけど、春は順調に山を登っている様だ。

今朝はダム湖近くの吹嵐という場所で小猿に遭った。
昨日の雪のためか、随分里に近く下りてきているな。

体調が悪いので、いつもより軽いギヤを速く回して登ることを心懸ける。

つんぼ平辺りから路面が濡れている。融雪剤が残っているので、昨日は雪が積もったようだ。
下垂澤を越えたあたりから、路側に雪が目立つようになった。
蟹ヶ洞から峠までは、随分雪が残っていた。

快晴を良いことに、ついつい薄着してきたことを後悔しながら峠を越えた。
指切りグラブ(ってぇか、軍手なんだが)なんで、指先が凍える…。
それでも、結局いつもとほぼ変わらないタイムで峠を越え、凍結路面に注意しながら廃村となったかつての宿場まで下っていった。

廃村は人で溢れている。
シーズンインした民宿にウォーキングの団体が泊まったらしい。
これから走る林道を、彼らは歩いて里まで下るのだそうだ。

8kmのジープロードを一気に走破。
南向きの林道には雪が少ないが、それでも所々積雪している。
お陰で泥汚れが綺麗になって嬉しいな(笑)。
途中、法面で羽を休めていたキジがいきなり飛び立って鼻先をかすめ、ハンドル操作を誤って危うく谷底へ落ちそうになったのにはまいったけど…。

隧道を抜け、今日は慎重に里までの下り道を楽しんだ。

山中の宿場の外れは雪原であったが、里では桃や梨の花が満開だった。

-今日の走行記録-
Dist 40.85km
Ave 18.0km/h
Time 2:15:34
Max 55.3km/h

|

« 里山はまだ桜が楽しめます | トップページ | 梨の花 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/9706729

この記事へのトラックバック一覧です: 花冷え、雪景色:

« 里山はまだ桜が楽しめます | トップページ | 梨の花 »