« 2006年2月の走行記録 | トップページ | 昼と夜 »

2006.03.01

トゥーラン:そろそろ1年

先日、DUOからバースデイカードを添えて、VWマークがついたブランケットが届いた。
2月の誕生日なんて家族にいないぞ??なんて思いながらカードを見ると、ゴルフトゥーラン宛のものだった(苦笑)。

納車から一年になるのか。まだ1万kmに達していないな。

自転車に数千キロは乗るので、その分少なくなるのかも知れない(笑)。
いやいや、モビリオに乗っていた頃と比べると、ちょっと距離多めな感じ。

一応輸入車ということでトラブルを覚悟していたが、走行に支障が出るような問題は皆無だった。

ワランティを行使したのは未だ次の三点のみ。

  1. 助手席ランバーサポートダイヤル外れで部品交換
  2. アルミホイールセンターキャップのロック爪折損で部品交換
  3. 運転席側ドアトリムほつれで部品交換

主な整備は、オドメータが1000kmに達した時点でのオイル交換のみ。
トゥーランはロングライフオイルが採用されていて、メーカー推奨では5000km毎に補充(もしくは交換)、15000km(または1年)毎に交換を推奨している。
5000km毎に点検して、汚れが酷ければ交換しろということらしい。
しかし、慣らし運転をしなけりゃ気が済まない旧タイプなドライバーなんで、スラッジの除去を目的にセオリー通り初回で交換を試みた。
来週あたり、二度目のオイル交換をする予定だ(苦笑)。これは、マニュアル通りだな。

機関の調子はかなり良いと感じている。
ただ、現在スタッドレスタイヤを履いているため、ノーマルタイヤに戻さないと足まわりについての状態がよくわからない。
しかし、スタッドレスタイヤの割には粘りのあるコーナリングができていて、高速走行でも不安を感じることは少ない。


外装も露天駐車にもかかわらず水洗車以外は行っていない。ってか、雨天時に降雨を利用して雑巾でボディを拭いて、雨後に雨滴を拭き取ることしかしていないが、水垢も目立たずに気になるシミもなく綺麗な状態を保っている。
以前、塗面が柔らかいと感じたけど実はその逆で、水性塗料を使っているためか油性塗料の国産車に比べて塗面は硬い。
但し、強いわけではなさそうだ。

ちなみにトゥーランの前に乗っていたモビリオも3年間雨水(笑)での洗車しかしなかったが、ボディコーティングのお陰もあったのだろう、査定に響くような汚れが残ることはなかった。


クルーザーとしての快適性と安全性に期待して購入を決めた車だが、その期待には充分応えてくれている。
比較的高い速度を維持したまま3時間運転し続けるシチュエーションが多かったが、疲労困憊することは一切なかったし、腰痛などの筋肉痛に悩まされることもなかった。
大抵、家族皆乗っているが、不満の声は一度として上がっていない。

尤も、子供たちはチャイルドシートに慣れてしまっている。
次女Y氏は進んでチャイルドシートに座りそそくさと5点式シートベルトに腕を通して、ロックするようにバックルを指さす。
長女H氏もジュニアシート腰掛けてシートベルトを締めるのが当たり前と思っているし、最近は二列目に座ることの多いみーちゃん氏もシートベルトを締めないことはない。
とは言え、ミニバンに分類するには抵抗があるほどにキャビンはミニマムだ。
パッセンジャーは走行中に席から動かないものとしてデザインされているだろうインテリアで、国産ミニバンの「動くリビングルーム」的コンセプトは一切ない。
チャイルドシートに座らない子供にとっては、苦痛でしかない車かも知れない。


先日、初めて7人分の座席を使った(笑)。

6人乗車は何度もして来たが、長男S氏の誕生で7人乗車する機会も増えそうだ。

購入検討時から、3列目シートを展開した際のラゲッジルームの狭さは認識していたけど、実際に使ってみるとベビーカーも入らずとても難儀した(苦笑)。


以前使っていたホンダモビリオと三面図を並べてみる。

高さ方向の狭さが致命的なのだろう。
モビリオは三列目を展開しても、ラゲッジにA型ベビーカーを2台立てて載せられるのだ。
しかし、トゥーランはモビリオに比べて天井が低く、リアウィンドウも寝ているから、ベビーカーを立てて載せることができない。
ラゲッジルーム天井中央のハイマウントストップランプの膨らみも、使い勝手をスポイルする要因となっている。

じゃ横にすれば1台くらいと思っても、左右にラウンドしている分ラゲッジの床面積が小さく、畳んだベビーカーの車輪が干渉して納まらなかった。


今更だが、ホイルベースもモビリオより短いんだね。
ボディサイズが大きい割りに、モビリオより小回りが利くなぁと思ってたんだ(苦笑)。

以前にも指摘したが、二列目席中央前のエアコン吹きだし口と連続するセンタートンネルの膨らみが邪魔で、ここに座る人はかなり足下が窮屈になる。


街乗り重視のシティコミューターとしてなら、ホンダモビリオの方が格段によくできたパッケージングであったと感じるのだ。

せめて、ハイマウントストップランプの膨らみがラゲッジ天井に無く、もう50mmラゲッジが後ろに長かったらなぁと思う今日この頃(苦笑)。


燃費に関しては、それほど良いとは思わない。

通算燃費は9.8km/L、高速燃費が12km/L、街乗りは7km/Lって感じ。

大抵5人乗車で、近隣はアップダウンの多い土地柄だ。
特に低燃費を目指したアクセルワークって訳でもないから、致し方ないのかも知れないが。

せめてレギュラーガソリン仕様だったらなぁってのが実感(苦笑)。
ついでに、車重は1.5t未満にシェイプして欲しいな。


さて、そろそろ中古市場にもトゥーランが出回っていることと思う。
ランニングチェンジと呼ばれる仕様変更が同一年式でも混在する車種なので、知っている変更分についてまとめておこうと思う。

  1. ヘッドライト内バルブシェードのVWマーク省略(04~)
  2. アームレスト可動式へ変更(05MC~)
  3. テールゲートのFISエンブレムの青塗りされていたIの字がシルバー単色へ変更(05MC~)
  4. グローブボックス内に助手席エアバッグ解除スイッチ追加(05MC~)
  5. リアゲートインジケーターの省略(05MC~)
  6. 後席右ドアポケットの灰皿省略(05~)
  7. 後席ドアポケット底のゴムマット省略(05~)
  8. ボンネットフードインシュレーターの省略(05~)
  9. インジェクションメーカー変更による燃費向上と車両型式の変更(05 XE model~)
    (GLi:GH-1TAXW → GH-1TBLX,E:GH-1TBAG → GH-1TBLP)
  10. GLiアルミホイールデザイン変更(06MC~)
  11. DSR(ドライバー ステアリング リコメンデーション)追加(06MC~)
  12. MFD(マルチ ファンクション ディスプレイ)デザイン変更(06MC~)
  13. ボンネットフードインシュレーターの追加(06~)
  14. リアゲートインジケーターの追加(06~)

こう見ると、わが家の05前期トゥーランは、コストダウンを模索する一番悪い時期の製品な気がしてしまうな(苦笑)。

そうは言っても、ライフスタイルにバッチリ合致していて、とても気に入っている。
今後の課題としては、700Cロードバイク(自転車ね)を無理なく積めるラゲッジスペースを確保するシートレイアウトの吟味かな。
ルーフレールが付いてるのだからキャリアを使えば良いのだろうけど、スキーをしていた頃から「キャビンがあるんだから機材は車内に入れるのが合理的」と思っているので(苦笑)。
シートアレンジが豊富だから、キャビンを有効に利用できるだろうレイアウトが見つかるかも知れない。


兎に角、乗って楽しく、しかもロングライドも快適な車で嬉しく思っている。
みーちゃん氏もお気に入りだし、予定通りに5年間はお世話になるだろうな(笑)。

|

« 2006年2月の走行記録 | トップページ | 昼と夜 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/8836962

この記事へのトラックバック一覧です: トゥーラン:そろそろ1年:

» ゴルフトゥーラン GOLF TOURAN (フォルクスワーゲン) [クルマ選び口コミ情報サイト:ブログでbuu!]
「ゴルフトゥーラン GOLF TOURAN (フォルクスワーゲン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてくださ... [続きを読む]

受信: 2006.05.15 17:29

» ゴルフトゥーラン GOLF TOURAN (フォルクスワーゲン) [クルマ選び口コミ情報サイト:ブログでbuu!]
「ゴルフトゥーラン GOLF TOURAN (フォルクスワーゲン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてくださ... [続きを読む]

受信: 2006.10.05 17:46

« 2006年2月の走行記録 | トップページ | 昼と夜 »