« HANDYBIKE:ホイールを交換してみた | トップページ | マキシム・ド・パリのミルフィーユ »

2006.01.08

HANDYBIKE:リアフリー再修理

昨夜リアフリーを修理して多摩湖まで様子を見つつポタリング。

リアコグのピッチが微妙にあっていないようで、周期的にチェーンが引っかかる。
お陰で、何度もペダルからシューズが外れた(苦笑)。

その内、リアコグからの音が変わったので止まって確認すると、チェーンガイドのポリカーボネイト摺動板が折損していた…。
異音は大きいが、走行に支障はなさそうなので予定通り多摩湖を目指す。

今日も天気が良くて、気温は低いもののある程度走ると暖かくなる。

スムーズなペダリングが難しくアベレージは上がらないが、予定通り多摩湖を一周して帰ってきた。


今日の走行記録は次の通り。

Dist 57.18km
Ave 16.0km/h
Time 3:33:01
Max 32.0km/h

40kmを過ぎた頃にギヤ飛びが発生し、チェーンガイドの角度を手で変えて対応した。
ガイドはチェーンが酷く当たっているらしく、端面がめくり上がっている。
1000km超走ってきたが、こんなことは初めてだ。
やはりリヤコグを無加工で付けたのは失敗だった。

帰ってリヤフリーを確認したところ、スラストガタが増えていた。ってか、昨日と同じ様にリアコグが傾いている。
フリーを分解したところ、ローラーベアリングがシールベアリング側へ落ちていた。

クレーム交換して貰うべきだろうけど、在庫無しってな可能性も高い。
適当なサイズの金属製シリンダーを調達して、ローラーベアリングを圧入し直した。
昨日は充分に圧入されていなかったようで、今日はしっかり圧入でき、スラストガタも初号機並みまで小さくなった。
もう暫く様子を見て、ローラーベアリング外れが再発したら改めて販売店に相談してみようと思う。


それにしても、今日は富士山が綺麗だった。
IXY digital 200のデジタルズームと無理はあるが、右は多摩湖からの富士と都心からの夕暮れの富士。

帰路の千川浄水では、エメラルドグリーンに輝くカワセミに出遭った。
青梅街道まで20mという場所で、当然ながら住宅街だ。
天気が良いから、あの体色はよく目立っていた。
カワセミには4m程度までは近づけるが、それより距離を詰めると数メートル離れていく。
写真を撮ろうとカメラを構えても、やっぱりこっちに気付いて場所を移動してしまう。
シャッターチャンスは沢山あったのに、12倍ズーム機を持ってこなかったのはホント残念…。


フリーの修理を終え、夕方に和田サイクルさんへ出掛けた。

逡巡しつつもJOJO用にESGEダブルレッグスタンド、HANDYBIKE弐号機用にブルホーンハンドルとエアロブレーキレバー、HGチェーンとバーテープを購入。
結構な出費だったが、仕方ないか…。
日東のφ25.4mmってなブルホーンハンドルがあったのだが、内径が小さいためエアロレバーが入らずTNIのφ26mmに。
日東はシルバーながら、価格も2千5百円とTNIの二分の一でお手頃だったのだけどね…。

|

« HANDYBIKE:ホイールを交換してみた | トップページ | マキシム・ド・パリのミルフィーユ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/8068490

この記事へのトラックバック一覧です: HANDYBIKE:リアフリー再修理:

« HANDYBIKE:ホイールを交換してみた | トップページ | マキシム・ド・パリのミルフィーユ »