« brodie jojo:ポジションセッティング | トップページ | HANDYBIKE:リアフリー再修理 »

2006.01.07

HANDYBIKE:ホイールを交換してみた

多摩湖までポタリングへ行こうと走り出したが、千川通りから五日市街道へ入る頃からギヤ飛びが…。

元旦に友人H氏が持ってきてくれたハンディバイク弐号機から、フロントとリアのホイールを二速化したハンディバイク初号機へ移植した。
ギヤを加工しないと、ナローチェーンが周期的にうまく掛からない不具合はある。しかし、二速化したハンディバイクにはチェーンテンショナーとギヤ飛び防止用のガイドを設けているので、無加工で取り付けてみた。

数キロ走った限りでは、ギヤの噛み合わせがスムーズでないための異音は大きいが、ギヤ飛びはなかったのでこのまま使ってみることにした。
その内にギヤが削れて馴染めばラッキーってな感じ(笑)。


ギヤ飛びが収まる気配はなく、挙げ句に潤滑不良特有の甲高い摺動音が聞こえるようになった。
田無駅を過ぎた頃にUターン。
帰ってからリアホイールを見ると、写真の様にフリーからオイルが溢れている。

分解してみると、リアコグ直下内側に仕込まれている筈のローラーベアリングがホイール側へずれていた。

右図がリアコグの断面図。
左側がギヤ、右がフリー部になる。
フリー内側はシールベアリングを介してシャフトと接している。
ギヤの内側にはローラーベアリングがインナーレース兼用のスリーブを介してシャフトに接する構造だ。
このローラーベアリングの本体側はリアコグに圧入されている筈だが、元々の組み立て不良なのか、振動で勘合が緩んでしまったのか、リアコグをフリーから抜いたところスリーブと一緒にローラーベアリングとシールベアリングが転がり出てきた。

ローラーベアリングが本来の位置になかったためにリアコグが傾き、ホイール内輪に接触して異音が発生していたらしい。
更にチェーンラインも変わって、チェーンが一部ネジに接触して削られてしまっていた(苦笑)。

ローラーベアリングは樹脂チューブを介してハンマーで圧入したが、傾いたまま20km近く走行したのが悪かったのか0.8mmほどもスラストガタが残った。
スリーブの長さを削ればガタを少なくできると思うが、実用上問題なさそうなのでこのまま様子を見ることにしよう。


Dist 20.50km
Ave 15.5km/h
Time 1:19:08
Max 28.4km/h

走行記録はこんな感じ。
修理後、6kmほどを走ってみた。
ガラガラとギヤとチェーンとの不協和音は相変わらずだが、チェーン外れも金属同士が擦れ合う甲高い音も無いから使い物にはなるかな。

|

« brodie jojo:ポジションセッティング | トップページ | HANDYBIKE:リアフリー再修理 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/8054000

この記事へのトラックバック一覧です: HANDYBIKE:ホイールを交換してみた:

« brodie jojo:ポジションセッティング | トップページ | HANDYBIKE:リアフリー再修理 »