« 晩秋・快晴・ポタリング | トップページ | マユタテアカネ? »

2005.11.16

喧嘩上等湯豆腐野郎とか

月曜日の夜のこと。
叔母から届いた殻付きの牡蠣、帆立貝、栄螺を食す。
栄螺は壺焼き、帆立も直火焼き、殻付き牡蠣はよく洗ってから酒蒸しにした。
とても美味しかった。

蒸し器に残った煮きり酒には、牡蠣の煮汁も混ざっている。
水で割ってから鍋に移し、米一合を加えて煮込んだ。
即席の牡蠣飯。ちょっと焦げたけど、こちらもとても美味でした。

一緒にジャスコで買った「喧嘩上等湯豆腐野郎」ってのをレンジでチンして食べたんだが、派手なのは名前だけの普通な豆腐ね。
水じゃなくて豆乳に浮かべてパックしてあるってだけなのかな?
豆腐はスーパーで売ってる地元産の方が格段に美味しいから、料理屋で手作り豆腐食べても、あまり感動することが無い(苦笑)。


翌日、貝類と一緒に届いた魚が煮付けになっていた。
女性陣は「エボダイ」だってことで、内臓抜いて醤油煮になっている。
でも、どう見ても「カワハギ」なんだよね…。肝捨てちゃったのね(苦笑)。
スチロールボックスの中を覗いとけばよかったよ…。

|

« 晩秋・快晴・ポタリング | トップページ | マユタテアカネ? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/7142181

この記事へのトラックバック一覧です: 喧嘩上等湯豆腐野郎とか:

» 牡蠣飯の作り方 [語ってもよろしいか]
語ってもよろしいか。 うちの店でお出ししている牡蠣飯の作り方をご紹介いたしましょ [続きを読む]

受信: 2006.01.29 23:22

« 晩秋・快晴・ポタリング | トップページ | マユタテアカネ? »