« TDRパスポート | トップページ | Britax-Romer DUO その2 »

2005.11.08

火星観望

なかなか晴天に恵まれないが、夜、雲が切れるととても明るくなった火星を見つけることができる。

ニュースで報道されているし、多くのブログやHPで紹介されているからよく知られていると思うが、先月末に火星が地球に大接近した。
徐々に離れつつはあるものの、日没と同時に東天に現れる好位置で、ちょうど新月時期と重なっていることもあって、空さえ晴れてくれれば絶好の観望対象である。

火星の位置については、Yahoo!の子供向けページがわかりやすいと思う。
Yahoo!きっず星空

ちなみに、肉眼では明るいオレンジ色の星でしかない。
100倍を超える拡大率を持つ望遠鏡で、火星表面の濃淡が見られるかな。
わが家にある入門用の望遠鏡では、色収差が無い反射式望遠鏡であることが幸いして、無理矢理150倍を作ってなんとか火星表面の濃淡を観望できた。
しかし、極の白い部分などは確認できなかった。

折角の火星大接近、対物凹面鏡の径が100mm程度、焦点距離1000mmといったオーソドックスな反射望遠鏡と経緯台のセットでも欲しいな。

|

« TDRパスポート | トップページ | Britax-Romer DUO その2 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/6947190

この記事へのトラックバック一覧です: 火星観望:

« TDRパスポート | トップページ | Britax-Romer DUO その2 »