« 康竜のラーメン | トップページ | 冬の訪れ »

2005.11.28

HANDYBIKEでお散歩 52.5km

お台場に用がある。でも、多摩湖一周もしたい。
んな訳で7時頃には出ようと思ってたのに、昨夜は3時までみーちゃん氏につき合ってて、すっかり寝坊した(苦笑)。

9時40分頃、千川通りを東進。
多摩湖自転車道路を使うには、青梅街道から五日市街道へ入って境浄水場を目指せばよい。
五日市街道と井の頭通りとの交差点(関前5丁目)から、多摩湖自転車道路が始まっている。
千川通りからなら千川浄水沿いに走るのが気持ちよい。しかし往路は錯誤して、IHIの北側から田無高辺りで多摩湖自転車道路へ入った。

花小金井の桜並木は紅葉も終わり。でも、綺麗だったな。
イチョウとモミジが見頃を迎えたところ。
トンボはまったく見かけなくなった。テントウムシがジーパンにとまったけど。

多摩湖自転車道路は、花小金井から西武線に並行している。
そのため、歩行者がとても多い自転車道だ。
道路と交差する場所には、自転車とベビーカー位しか通り抜けられないタイトな車止めが設置されている。
そんな訳で、あまり速度を出せないルートで、走っている自転車はママチャリやルック車ばかりだった。
アベレージ20km/hを維持するのがやっとなハンディバイクには、ちょうど良いサイクリングコースとも言える(笑)。

武蔵大和駅を過ぎると、西武線から離れて登りとなる。
が、大した斜度ではないし、1kmも無い登坂だからチェーンリングは58tのままで走る。

途中、大正建築な取水塔を眺めるため停まり、楽しようと50tへチェーンを掛け替えたら、チェーンガイドに砕けた落ち葉とチェーンルブが混ざってペースト状になったものが付着して抵抗になりチェーンが外れた…。
余分なことはするもんじゃないな。チェーンガイドを掃除してチェーンも掛け直したけど、ハンカチが油汚れで真っ黒に(苦笑)。

前回は日没になったため、第二堤防を走って埼玉側へ出てしまった。
今回は多摩湖一周が目的だから、第二堤防方向へは行かずにホテル街に沿って時計回りに周回路を走る。
取水口から2.8km地点まで登り基調な訳だが、時計回りに走る方が起伏に富んでてハンディバイクでも登坂の苦痛が少なく楽しめる感じ。
下りに転じると、ずうっと気持ちよくダウンヒルを楽しめるし(笑)。

湖面と第二取水塔を臨む橋の上で一休み。

ママチャリで通りがかったお爺さんに、ハンディバイクの事をあれこれ訊ねられる。
ベンチで一休み中のハードテールなMTBに跨った壮年の方も交えて、暫し談笑。

MTBの方は、週に二回はここへサイクリングへ来られるとの事。
こんな素晴らしいコースを頻繁に走れるとは、ホント羨ましい限りだ。

MTBの方と一緒に、残りのコースを周回する。
時計回りに武蔵大和駅近くへ出るコースはまったく知らなかったので、案内してくださってとても助かった。
お世話になりました。

尚、自転車道は完全に周回しておらず、途中公園内の遊歩道のようなコースになった。
100メートルほど未舗装路がある。そこはハンディバイクを担いで通過した。

再び多摩湖自転車道路へ戻った場所で、周回を続けるMTBの方と別れて都内へ戻る。
次はお台場を目指すが、時計は13時を過ぎている。台場では荷物を受け取るのだが、紙類なのでちょっと重たいような…。
みーちゃん氏に電話して、一緒にクルマで出掛けることにする。

Dist 52.53km
Ave 16.2km/h
Time 3:14:32
Max 32.6km/h

結局、走行記録はこんな感じ。
ちょっとまったりし過ぎたけど、晩秋の晴天無風ってな行楽日和に風光明媚なコースを流したんだから大満足。

|

« 康竜のラーメン | トップページ | 冬の訪れ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/7377106

この記事へのトラックバック一覧です: HANDYBIKEでお散歩 52.5km:

« 康竜のラーメン | トップページ | 冬の訪れ »