« 出産一時金35万円へアップって、ケチくさ! | トップページ | bipod ANTや新型BD-1試乗 »

2005.11.26

シクロクロス車がよさげ

赤ちゃん本舗からの帰り道、和田サイクルさんへ寄る。
子供たちは曾お祖母ちゃんとお留守番なので、久しぶりに二人だけのドライブだった訳だが…、みーちゃん氏が快く了解してくれた。

クイーンズ伊勢丹へトゥーランを放り込んで、みーちゃん氏は店内をぶらぶら。
ボクは和田サイクルさんへ行くといった次第。

行ったのは他でもない、みーちゃん氏が「普通(サイズ)の自転車買ったら?」の一言を受けてのもの。
で、和田サイクルさんってのは、小径車に限らず、親切な対応をしてくださるからです。

「普通サイズの自転車で軽くて、スピードも出せて、未舗装路もそこそこ走れるのって?」ってな漠然とした相談をしたところ、シクロクロス競技車が良いのではないのか?ってのが、和田さんとけんゆうさんの一致した意見。
すみません、シクロクロスって形態の競技はどこかで読んだ記憶があったけど、正直ほとんど知りませんでした。

ざっと見、市販車では、700cのロードレーサーを基本に、30~32mm辺りのブロックタイヤを履けるようにブレーキをカンチレバーとした競技車な感じ。
コンポも105などのロード用。

ハードテイルのMTBをベースにすることも出来るそうだが、レギュレーションでドロップハンドルを使用することが決められているためか、MTBをベースにしたものは市販車に見当たらない。
ショップブランドだとより実戦を考慮してか、フロントコンポをMTB用にして低めのギヤ設定がしやすいように組まれているようだ。
しかし、フロントディレーラーが上引きになるので、フレームから対応している訳で、市販の完成車にはあまり見られないみたい。
泥詰まりなどのトラブル防止のためにも、ワイヤ類はトップチューブ上に這わしたほうが合理的と思うのだが。

さて、競技をしない人には、シクロクロス車は人気がないらしい。
ロードマンやタムタムロードがもてはやされた30年前と違って、ドロップハンドルは憧れでも何でもない。
比較的幅の広いタイヤを履くので、スリックタイヤにしても摩擦抵抗が大きく、ダートを走らなければメリットが乏しい。
かといって、MTBに比べれば走破性は低い。
しかし、わが家周辺のように、劣化したアスファルトが多く、木の根で盛り上がった箇所も結構あるし、道が途中から未舗装路になってしまうようなルートも多い。
その上、アップダウンも激しいとなると、ロードレーサーに近いスタイルながら荒れた路面もそこそここなせるシクロクロス車は理想的な形態と思えるのだ。

シクロクロス車って、車道と歩道を交互に走行することが多い都内では、結構理想的な車種とは思うのだけどなぁ。

近日みーちゃん氏が出産予定だからすぐに新車購入って訳にはいかないけど、落ち着いたらシクロクロス車を物色してみよう。

|

« 出産一時金35万円へアップって、ケチくさ! | トップページ | bipod ANTや新型BD-1試乗 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/7376425

この記事へのトラックバック一覧です: シクロクロス車がよさげ:

« 出産一時金35万円へアップって、ケチくさ! | トップページ | bipod ANTや新型BD-1試乗 »