« 火星観望 | トップページ | 紅葉狩り »

2005.11.11

Britax-Romer DUO その2

次女Y氏用のチャイルドシートをBritax-Romer DUO ISOFIXへ換えて2ヶ月になった。このチャイルドシートは、フォルクスワーゲン純正のBobsy G1 ISOFIX同等品だ。

乗り心地も良いと見えて、比較的強めにベルトを締めても嫌がることなく、5時間超のドライブでも普通に座っている。
尤も、従来使っていたアップリカのマシュマロサブでも嫌がることはなかったから、チャイルドシートに慣れているだけかも知れないが…。

トゥーランのISOFIXアンカーは、右の写真の様にシート腰部のクッションを外すと現れる。
クッションはベルクロと嵌合摩擦で固定されているが、フレーム側のベルクロ本体両面テープ貼り付けで、ベルクロ共々剥がれたのには苦笑してしまった。
外したクッションは、トランクのサードシートヘッドレスト収納用サブトランクに仕舞っている。

レーマーデュオはISOFIXのお陰で着脱も簡単だが、ISOFIXアンカー自体は2列目の左右座席にしか無いので、乗車人員の構成でチャイルドシートの位置を変更するには意味をなさないけど。
尤も、3点式シートベルトでも簡単に固定できる機能もあるので、サードシートや助手席、2列目中央席でも使えないことはない。


高性能かつ汎用性も高いレーマーデュオだが、リクライニングの設定角度はセダンタイプの車の後部座席座面の傾斜に合わせている様で、座面がほぼ水平なトゥーランでは、一杯にリクライニングさせてもバックレストはあまり寝てくれない。
尤も、3段階リクライニングがあったればこそ窮屈な姿勢になることが避けられたわけで、バックレスト固定式だったらうたた寝もできない代物になっていたかも知れないね。

|

« 火星観望 | トップページ | 紅葉狩り »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/7037323

この記事へのトラックバック一覧です: Britax-Romer DUO その2:

« 火星観望 | トップページ | 紅葉狩り »