« オオアオイトトンボ | トップページ | Streamline »

2005.10.04

アリジゴク

雨垂落?

滅多に人が来ることがない林の中に放置された公園の四阿で、無数の小さなクレーターを見つけた。

直径は大きいもので5cmくらいか。1×2mほどの場所に50個ほどもある。

近づいて観察すると、あるクレーターの中央から砂粒を跳ね上げる生物の存在を認めた。
アリジゴクだ。

これほど沢山のアリジゴクの巣を見るのは初めてだ。


大きめのクレーターの中央を落ちていた松葉で掻き出すと、思った通りアリジゴクが見つかった。
体長15mmほどかな。じっと動かずにいるが、松葉で頭部を押して尻が砂に接すると、すぐに潜り込もうと、後肢で巧みに砂を掻きだした。

ここの土は埃のように細かく、そして乾いていた。
僅かな震動でも、クレーターの斜面が崩れ落ちて行く。

林の中、コンクリート製の屋根の下、常に乾いていて大型動物も滅多に訪れない。
ウスバカゲロウの幼虫には、格好の営巣地なのだろうな。

|

« オオアオイトトンボ | トップページ | Streamline »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/6259106

この記事へのトラックバック一覧です: アリジゴク:

« オオアオイトトンボ | トップページ | Streamline »