« ZEROBIKE正規品と並行輸入品の違い | トップページ | まるごと!機動戦士ガンダム »

2005.08.18

HANDYBIKE:ブレーキケーブル刷新

夏休みボケで寝坊勝ちなので、久々に早朝ポタ。

雨模様ってコトもあって、極めて軽めのポタリングになった。

Dist 8.52km
Ave 16.9km/h
Time 0:30:15
Max 34.4km/h

ちなみに、累積標高差は324m。


さて、先日の多摩湖ポタで階段脇の斜路を下ろうとしたところ、ブレーキが役に立たずに危なく転げ落ちるトコだった。
そんな訳でブレーキシューをアルテグラグレードのBR6403用へ換えたが、一部ワイヤーに折損が見られたブレーキケーブルもXTRへ交換した。

ハンドルステムを目一杯下げていることもあって、ブレーキケーブル長はドンピシャ。
フロントのみ、6cmほどカットした。

流石に高価なだけはあって、カッチリ感が高まり、しかも引きも随分スムースとなった。

下引きのリアブレーキのケーブル取り回しには、安売り品のJAGWIRE CABLE GRIPを使って、ケーブルをブレーキ側へオフセットさせ、より緩やかなカーブを描いて屈曲させている。

ちなみに、JAGWIRE CABLE GRIPの本来の使用方法は、アウターレスをフルアウターケーブルに換装するための補助部品。


折れ畳み時にブレーキケーブルがシートチューブに干渉してハンドルピラーの固定がし難いこともあって、ブレーキレバーごとハンドルバーの取り付け角度を僅かに変えた。
結果、バーエンドバーがより水平位置に変わっている。

100均のフロントバッグは、ベルクロ固定部から裂けてしまった。
ブレーキケーブルが変わって、随分押されていたようだから仕方ないな。
フロントバッグは折れ畳み時にシートチューブと干渉するし、ちゃんとしたサドルバッグでも買おうかな?って思っている。

遂に消耗品の交換をするようになって、HB-6のカスタマイズもひとまず終了かな。
今後手を掛けるとしたら軽量化だけど、下りでは結構スピードを出すし、ぐいぐい踏んで登坂もする。
強度とのトレードオフができるほどに精通もしていないから、軽量化は脳内だけで済ませることになろう(笑)。

尚、写真の状態での重量は、分解能200gのディジタル体重計計測でジャスト8kgとなっている。
この頃に比べると約1kgの軽量化を実現しているが、クランクとBB、シートピラーの更新が効いているものと思われる。

また、ZEROBIKEの現在重量は、この状態で8.4kg。
並行輸入品なため、ステムもDiagonal Tubeもアルミ製。
これ以上の軽量化はペダル交換くらいしかできそうもないな。

|

« ZEROBIKE正規品と並行輸入品の違い | トップページ | まるごと!機動戦士ガンダム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/5523623

この記事へのトラックバック一覧です: HANDYBIKE:ブレーキケーブル刷新:

« ZEROBIKE正規品と並行輸入品の違い | トップページ | まるごと!機動戦士ガンダム »