« ヒメアカタテハ | トップページ | ヒグラシ »

2005.07.26

ミヤマアカネ

ミヤマアカネ♀
台風7号が近づいているが、予定よりもたついているようで雨は降っていなかった。

朝方の雨で路面が濡れていたから、今日は森林公園の駐車場へトゥーランを入れ、人工池へ徒歩で向かった。


池の畔は、梅雨明けから雑草が一斉に繁茂して草叢になっている。

踏み込むと、足下でパラパラって感じで飛ぶ蜻蛉を見つけた。

ミヤマアカネの雌だ。

翅の帯が特徴的で、知っていればすぐに見分けられるトンボだね。


人工池は相変わらずシオカラトンボとショウジョウトンボが多い。

クロスジギンヤンマ♂
池畔にはキイトトンボが目立っていた。


昨年に比べるとギンヤンマは少なく、代わりにクロスジギンヤンマたちが相変わらず覇を競っていた。

小さな池に5頭ほどのオスが飛翔しているのだが、不思議とメスを見かけない。

ガマやアシの林の中で、交尾や産卵をしているのかも知れないなぁ…。
それとも、繁殖地が違うのかな?

写真も相変わらず。
こういった写真には、オートフォーカスが速く正確な機種か、それが叶わないならマニュアルフォーカスのカメラが使いやすいと実感する。
でも、買い換える余裕ないんだよね…トホホ(苦笑)。


シオカラトンボ♀
シオカラトンボは、メスが産卵中にオスがその上をホバリングして守ってるのね。

産卵管を池底に突き刺した瞬間が写っていたので掲載。

クロスジギンヤンマの写真同様、ピンが来てないしブレてもいる感じ。


オニヤンマらしき幼虫抜け殻
去年産卵中のオニヤンマを撮った場所から10mほど離れた池畔の草叢で、オニヤンマらしきやごの抜け殻を見つけた。

子供の頃、川遊びをしていて巨大な生きたやごにびびった記憶がある。

あのやごも、オニヤンマの幼虫だったのだと思う。

抜け殻も、これだけ大きいと、ちょっと引いてしまうな。

それほど昆虫が好きな訳じゃないので…(苦笑)。

|

« ヒメアカタテハ | トップページ | ヒグラシ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/5160686

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマアカネ:

« ヒメアカタテハ | トップページ | ヒグラシ »