« トビの群 | トップページ | アキアカネとコシアキトンボ »

2005.07.19

コミスジ

いつもの人工池へ蜻蛉の写真を撮りに行くと、茶色と白のコントラストが美しい蝶が翅を休めていたのでカメラを向けた。

ミスジチョウという、森林に多いタテハチョウ科のチョウだそうだ。

子供の頃から、神社の境内などでよく見かけるポピュラーな蝶といったイメージだが、全国的には近年個体数が激減しているそうで、多くの都道府県でレッドデータブックに登録されている。

写真は翅の後ろ側が写っている。
表側は黒に白帯で、前翅と後翅の模様が絶妙に繋がって、三筋の白帯が完成する。

回り込んで表側の模様も写真へ収めたかったが、すぐに飛び立ってしまい、撮らせてはくれなかった。


2005.9.6:補記
写真の蝶はミスジチョウではなく、コミスジであるらしい。
と言うのも、今日ミスジチョウを見かけたが、一回り半ほど大きい蝶だった。

|

« トビの群 | トップページ | アキアカネとコシアキトンボ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/5050187

この記事へのトラックバック一覧です: コミスジ:

« トビの群 | トップページ | アキアカネとコシアキトンボ »