« アキアカネとコシアキトンボ | トップページ | 殿様蝗虫 »

2005.07.20

おたふく風邪と耳下腺炎

夏休みまであとわずか。
にもかかわらず、長女H氏はすでに長期休暇へ突入(苦笑)。

タイトル通り耳下腺が腫れて、お医者さんから登校を止められています。

月曜日の夕方、右の顎辺りが痛いと言うので、また中耳炎?って思ってたら、夜には左側の耳下腺辺りが目立って腫れてきた。
すわ、おたふく風邪?ってことで、行きつけの小児科を予約。

やっぱり、おたふく風邪か耳下腺炎って診断。
小学生の場合、おたふく風邪の確立が高いとのことで、感染予防のために耳下腺の痛みがなくなるまで登校しないでくださいってコトでした。

さて、おたふく風邪と耳下腺炎は、診ただけでは判断できないのだそうだ。
3週間後に血液検査で抗体の有無を調べ、初めておたふく風邪だったか耳下腺炎だったかがわかる。
尤も、おたふく風邪には以前に罹患していたが症状が軽微で気付かず、血液検査して抗体は見つかったものの発症自体は耳下腺炎だったという可能性もある。

ってか、耳下腺炎の内、特定のウィルスが原因なのがおたふく風邪って呼ばれてるのだろうね。
な訳で、おたふく風邪になっても耳下腺が腫れない人もいるそうです。

H氏は、耳下腺の腫れの他はいたって元気。
昨日同級生が届けてくれた夏休みの宿題を、既にちょっとずつ始めて時間をつぶしてる様子。
そうなのだ、元気なのに学校へ行けなくて、暇を持てあましてる贅沢なヤツなのです。

|

« アキアカネとコシアキトンボ | トップページ | 殿様蝗虫 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/5066110

この記事へのトラックバック一覧です: おたふく風邪と耳下腺炎:

« アキアカネとコシアキトンボ | トップページ | 殿様蝗虫 »