« ZEROBIKEのBBグリスアップとか | トップページ | KAHENSHIKI-KOMA考 »

2005.07.17

ご近所ポタリング

夕方、20分ほどご近所をポタリング。

ちょっと良い感じのロケーションを見つけたので、HANDYBIKEを置いてパチリ(笑)。

センサーの取り付けを変えたサイコンのテストを兼ねていたが、そちらは既に記述したように、脱調に対する効果はなかった。
センサーユニットか本体の不具合なのかも知れないね。

パッチだらけのチューブを使っているためだろう、前輪は緩パンクな傾向も変わらず。
パッチし直したから、空気の抜ける速度は遅くなって、20km以上走っても50PSIは保っていた。
長距離走るときは、インフレーター必須だな(苦笑)。

ちなみに、インフレーターはサスペンションポンプを使っている。
ハンディバイクもゼロバイクもタイヤの容積は小さいし、口金周りのスペースも狭い。口金がねじ込み式で、高圧も楽に入れられるサスポンプは、携帯にも優れて使いやすい。
特にHB-6の純正タイヤには良好。空気注入時の衝撃が小さいようで、サスポンプで空気を入れるようになってからは、カーカス間が裂けて変形する不具合がなくなった。おすすめです。

|

« ZEROBIKEのBBグリスアップとか | トップページ | KAHENSHIKI-KOMA考 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/5010647

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所ポタリング:

« ZEROBIKEのBBグリスアップとか | トップページ | KAHENSHIKI-KOMA考 »