« BB交換 その3 | トップページ | 日産エルグランド »

2005.06.19

日産ムラーノ

新型セレナの発表会の案内が来たので、近所のショールームへ家族で出掛けてきた。

ファーストカーをゴルフトゥーランへ換えて以来、みーちゃん氏はクルマの違いにとても興味を持つようになった。
以前ならクルマを見に行くなんてパスだったと思うのだが。

ショールームは大盛況で、営業マンは皆だれかしらに対応していたので、適当に試乗をお願いした。
みーちゃん氏が乗りたがっていたムラーノに、まず乗ることとなった。

お借りしたのはルミナスゴールドの350XV FOUR。カタログモデルの中では、最上級グレードモデルだ。

助手席にはみーちゃん氏、リアシートに娘達が乗って、適当に13kmのコースを回ってきた。

以下、いつも通りの素人インプレ。
先にお断りしますが、試乗車はきっと壊れていたものと思います。


エクステリア
ネオクラシックって言うの?
特別な印象を感じられるデザインで、悪くない。
フロントビューにくらべるとリアビューがすっきりし過ぎてる観はあるかな。

ルーフセンターのアンテナは邪魔。デザインまでもスポイルしてると思う。
まだルーフエンドへ移した方がましだったのではないだろうか?

全体に丸みのあるエクステリアは、見切りが難しくクルーガーの様な気楽さがなかった。
しかし、上下視界がワイドなドアサイドミラーのお陰で、すぐに車幅を掴むことができる。


インテリア
新車に近い状態のためかも知れないが、革シートの臭いがきついね(苦笑)。
ブラックレザーというと、8年ほど前に乗ったBMW325iのそれは快適だった。
天然皮革は質で随分触り心地が変わるし、個人的にはファブリックシートの方が好みです。
シートと言えば、新型セレナの展示車がブラックのイージークリーンシートと呼ばれる撥水加工タイプで、このシート地は質感も使い勝手も良いと感じたな。
座面が高く、投げ出して乗るようなポジションにはならない。硬めのシングルソファーへ腰掛けてるような感じで、ホールド性云々ってものではなかった。

ハンドルのポジションセッティングはチルトのみ。
シート座面が高いので、自然ポジションは立ち気味となる。
テレスコピックの必要性は感じなかった。

インパネやセンターコンソールなど格好良いと思うけど、使い勝手よりもデザインを優先した観は否めない。
サイドミラー調整やシート調整など、一回触ればあとは使わないことが多いスイッチ類は、特に使い勝手が悪かった。
空調スイッチも、予備知識無く初めて乗って、運転しながら操作なんてとても無理だった。

ダッシュボードは物が置けるようなトレータイプなデザイン。
フロントガラスが随分寝ているため、ダッシュボードがとても広い。
物置じゃないのだろうけど、なにかが溜まる感じの形状が常に視界に入るのは苦手です。

前席は結構大きなセンタートンネルを設けて、四駆を意識させるデザインだが、後席はフラット。
センタートンネルはダミーなのかな?演出としては悪くないと思う。
トゥーランはFFなのに2列目シート足下にもセンタートンネルが張り出していて、とても使い難いからね。


ラゲッジスペース
車長がある分、充分なトランクスペースが提供されている。

大きなセンターコンソールボックスは、使い勝手良く感じた。
携帯用電源が用意されていたのは、オプションなのかな?


ドライブフィール
絶対壊れていたんだと思う。そうでなければ納得できない…。

ダンピングが殆ど効いていない、まったく酷いサスペンションフィールだった。
バネは固いのだが、ダンパーが働いていないのでは?と思うほどにいつまでもゆらゆら揺れている。

路面の荒れがアクセルペダルにまで伝わってくる。
最初、なに?この振動は!って思ったけど、路面情報でしたよ(苦笑)。

最悪なのが、路面のうねりに応じて車体がゆらゆら揺れること。
お陰で、助手席のみーちゃん氏が車酔いしました…。ストリーム以来ですなぁ。

日産車のサスペンションフィールは良いってイメージだったから、故障!故障だよねって思ったのだけど…。

3.5L,231馬力のV6エンジンは、CVTトランスミッションと相まってスムースに吹け上がるし、実際スピードの上がり方もリニアでエンジンスペック相応に感じるものだった。
クルーガーハイブリッドの様な加速感はないが、不足を感じるものではなかった。

6速マニュアルモードは、無段変速であるCVTを便宜上6つのギヤ比でレンジ分けしてる電子制御式のためか、ダイレクト感はまったくない。
そもそも充分なトルクのエンジンが搭載されているし、無くても良いと思えるほどのオマケ機能って感じ。

いつもの山坂道まで行けなかったので、スポーツ走行時のブレーキフィーリングとかは体感できなかった。
普通に流す程度では、まったく問題を感じないブレーキ性能だろう。
50km/hから急制動(子供たちがチャイルドシートへ座っているわけではなかったので控え目だけど)をかけたが、ノーズダンプするもののイメージ通りに止まることが出来た。

兎に角、サスペンションセッティングが最悪。
ハンドリング云々とか以前の問題。故障車以外の何ものでもないって感想です。


総評
あのサスペンションセッティングがムラーノ全般の標準であるならば、購入対象から外すべき車。
いくらなんでも酷すぎる。
ストリームでは致命的な感じではなかったけど、あれの比ではないほどまったくダンピングが効かず、もう二度と乗りたくないクルマという印象です。

壊れていたと思いたい…。

|

« BB交換 その3 | トップページ | 日産エルグランド »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/4616086

この記事へのトラックバック一覧です: 日産ムラーノ:

« BB交換 その3 | トップページ | 日産エルグランド »