« VWトゥーランのハザードランプ | トップページ | HANDYBIKEのチェーンを長くしてみた »

2005.06.03

VWトゥーランのタイヤバルブキャップ、他

タイヤバルブは一般的なシュレーダーバルブ(米式バルブ)だが、口金保護のバルブキャップが変わっている。

左がその写真。
キャップ中央の○にVの表示だが、実はこの部分は沈動式で、GS設置では一般的なコンプレッサで空気充填を行う場合、キャップの上から直接口金を押し当てて空気を入れられるようになっている。

ボンネットの油圧シリンダステーといい、ユーザーが基本メンテナンスすることを当たり前とする欧州車らしい配慮だね。

個人的には、こういったファミリーカーはメンテナンスフリーを目指して、その分の軽量化とコストダウンを狙うべきとは思っているが、ならば日本車を選べば良いという結論になるな(苦笑)。


話は変わって、アクセルペダルを増し踏みしたり二度踏みした際にレスポンスが悪い印象があるトゥーランだが、大きな交差点内での危険回避などでイメージ通りの運転ができず困っていた。
ディーラーに確認したところ、(インポーター経由で?)メーカーからの回答があったそうで電話をくれた。

ディーラーの担当氏の話を勝手に脳内変換した。
「FSIエンジンはトルクのリニアリティに欠けるので、ペダル操作に対するレスポンスを甘くしてピーキーさを抑えている」ということらしい。
実際には6速ATと合わせた複雑な制御を行って、ピーキーさなど微塵も感じさせないリニアリティに富むセッティングに落ち着いているわけだが、ややイレギュラーな操作をすると襤褸が出る様だ…。

で、「アクセルの調整は仕様上できません」ということだった。

最近、アクセルの踏み方を滑らかにリニアになるよう意識すると、車の挙動もよりイメージ通りになるって感じをつかみつつある。
尤も、MFDの瞬間燃費計が常時表示されているから、アクセルワークも自然にデリケートなタッチとなっている気もするが(笑)。

|

« VWトゥーランのハザードランプ | トップページ | HANDYBIKEのチェーンを長くしてみた »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/4390994

この記事へのトラックバック一覧です: VWトゥーランのタイヤバルブキャップ、他:

« VWトゥーランのハザードランプ | トップページ | HANDYBIKEのチェーンを長くしてみた »