« ツアー・オブ・ジャパン観戦 | トップページ | クロイトトンボ »

2005.05.21

ホソミオツネントンボ

都内ばかりだったこともあって、今春はじめて人工池へ足を運んだ。

立ち枯れていた葦原は一変して、新緑で満ちていた。

アブラムシを払いのけながら岸辺で跪くと、数種のイトトンボが見られた。

写真はホソミオツネントンボの番で、漢字では細身越年蜻蛉と書くそうだ。
成虫のまま越冬することで有名なのだそうだ。冬季は写真のような青ではなく、枯れ葉に紛れる目立たない茶色になるとのこと。


下はアジアイトトンボ。
他に胴が赤い未成熟個体も見かけた。若干大きかったから、アオモンイトトンボだったかも知れない。

と、知ったかぶりしているが、すべて撮った写真をネットの情報と比べながら書いている(笑)。

|

« ツアー・オブ・ジャパン観戦 | トップページ | クロイトトンボ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/4261239

この記事へのトラックバック一覧です: ホソミオツネントンボ:

« ツアー・オブ・ジャパン観戦 | トップページ | クロイトトンボ »