« クロイトトンボ | トップページ | シオカラトンボ »

2005.05.25

BB交換 その1

HANDYBIKE(HB-6)のボトムブラケット(BB)を交換することにした。

クランクを交換するにあたり、現在のBBではチェーンラインがフレーム側に10mmほど引っ込んでしまうことがわかった。
そこで、標準の軸長108.5mmから、118mmのカセットBBへ換えることにする。

電気機械座のなにがし某さんに教えを受け、シマノ製のUN53、JIS68-118mmという現行製品を使用する。
ワングレード高いTANGE LN-7922を使いたかったが、シマノに比べて胴が太い分、干渉する箇所があってポン付けできないとのことなのだ。

BBを交換するには、まずクランクを外さなくてはならない。
わが家のHB-6は、既に社外品のクランクへ交換済みで、クランクの取り外しは何度もしている。
チェーンを外してアーレンキーでチェンリングを外し、センターキャップをラジオペンチの先などを使って外しておく。

HB-6のクランク嵌合はコッタレスで、写真上のシマノ TL-FC10という専用工具と17mm、19mmのスパナを使って外す。(16mmと19mmを使うのが正しいが、17mmと19mmで代用)
ちなみに、錆除けに新聞紙で包んで保管している。

TL-FC10さえあれば、クランクの取り外しは容易だ。

クランクのフィキシングボルトをTL-FC10の14mmソケット部を使って外し、工具本体をクランクのセンターキャップのタップに一杯までねじ込む。
そして右の写真のように、本体を19mmのスパナで抑えて、TL-FC10の送りネジを17mmのスパナで締め込んでいけばクランクは抜けて行く。

HB-6のBBは、シマノのカセットBB互換のワンの様だ。
TL-UN74Sというボトムブラケット取り付け工具で、ワンを外せるだろう。

左ワンは球あたりを調整するためだろう、ロックリングが付いている。 これをスムーズに外すには、専用レンチを用意する必要があるな。

ホーザンに安価なBBロックリング用レンチが用意されているそうで、それを入手したいと考えている。


クランクを外し、BBシャフトを直接手で回してやると、回転が随分渋くなっている。
今回は軸長を長くするためにカセットBBへ交換するが、そうでなくてもメンテの時期だったようだ。

|

« クロイトトンボ | トップページ | シオカラトンボ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/4271694

この記事へのトラックバック一覧です: BB交換 その1:

» 四角テーパーBB [嶽志の嶽楽な話]
トゥーランを買うときに参考にした、WEBがあります。 http://semishigure.air-nifty.com/essay/ 彼も自転車乗りです。 シマノの戦略によって、ここ最近BBという部品がなくなろうとしています。 特に勘合(オクタリンク)は過渡期の製品だったんだろうなぁと思います。 四角テーパーBBはこうして、いまだにいろんな自転車に使われています。 でも昔のように、XTRやデュラグレードのものはありません。LX、ディオーレグレードです。 おいらのシクロは、UN-72を使っています... [続きを読む]

受信: 2005.05.25 22:40

» 外れた~!! [ザ・ショート・レッグス]
ついにクランクを外した!! やった!! しかし並大抵の苦労ではなかった!! 一度 [続きを読む]

受信: 2005.07.08 00:00

« クロイトトンボ | トップページ | シオカラトンボ »