« 入学 | トップページ | 新年度生活パターンの刷新 »

2005.04.07

チェーンテンショナ傾き対策

手掛け替え式で二速化したハンディバイクで、フロント50T時にテンショナープーリーからチェーンが外れる不具合が発生し、先月チェーンガイドの追加を行った。

先日のポタリングで、今度は58T時でチェーンが外れる不具合を経験し、改善策を検討することにした。

左の写真は、二速化が完成した頃のテンショナーの画像。

テンションプーリーが画面から切れているのでわかり難いが、チェーンステーから伸びているテンショナーは固定ステーで、銀色のシャフト上がテンショナーのガイドプーリー。
鉄板の可動ステーがガイドプーリー軸から伸びて、その先にテンションプーリーがある。
白いワッシャーは樹脂製で、テンションスプリングがガイドプーリー軸やテンションプーリーステーに当たらない様にするためのもの。
テンションプーリーステーは鉄板で、真鍮製のワッシャーを介して鉄合金のガイドプーリー軸にガイドプーリーと共締めされている。

ガイドプーリー軸と可動部の直径は比較的精度良く加工されているが、スラスト方向の抑えが利かないため、テンションプーリーステーにヨー方向のガタが出る。

テンションスプリングはレイアウト上、可動軸に対して垂直ではなく、若干外側に角度を持って付けられている。
そのため、テンションプーリーステーもスラストガタ分だけ外側に倒れてしまう。

そこで、次の写真のように、樹脂ワッシャーの厚みを増してテンションプーリーステーのスラストガタを抑え込むことにした。
実際には樹脂製の平ワッシャーを追加し、元々付けていた白い樹脂ワッシャーの厚みを削って面一としている。

後日試走し、対策の効果を検証したい。

|

« 入学 | トップページ | 新年度生活パターンの刷新 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/3594752

この記事へのトラックバック一覧です: チェーンテンショナ傾き対策:

« 入学 | トップページ | 新年度生活パターンの刷新 »