« ディーラーオプション | トップページ | 憧れのステーションワゴン »

2005.03.06

ベニマシコ

子供たちは遅寝中。
みーちゃん氏を送って、待ち合わせまでの小一時間をポタリングにあてた。

ルートは毎週火曜日と同じだが、早朝のために気温が低く、登坂にめげて先に人工池へ行った。


先週と違い、コガモの家族が活動中。

警戒して「ピリリッピリッ」と鳴きながら、ボクが近づくと対岸へ飛び去ってしまう。

20分ほど眺めていたが、薄日で気温も上がらず、全身冷え切ってきたので、できるだけ平坦なルートをとってポタリングすることにした。


旧い街道へ出た。
左折すれば市街へ下って、右折すると峠へと標高で600mほども登って行くことになる。
峠の最大標高は1230mほどだが、ちゃんとしたMTBで臨めば、比較的楽なコースなのだそうだ。
フロントチェンリングをギヤダウンしているとはいえ、ハンディバイクではとてもそこまで行く自信はない。

街道を右へ折れ、すぐに脇道を見つけてまた右折。来た方向へ戻って行く。

いつもの登山口へ着いた。
ちょっと登坂してから、砂防ダム方向へ抜けるルートをとる。
登山口あたりまで住宅が建て込んでいる。しかし、砂防ダムへ抜ける道は昔の遊歩道のままだ。

小鳥の鳴き声は聞こえるが、姿が見えない。
藪の中に動く姿が見えて、カメラを向けてみた。

帰宅して、インターネットの鳥類図鑑やイメージ検索で同定してみる。
写真が不鮮明ではっきりしないけど、ベニマシコではなかろうか?

同じ場所で、エナガに似た数匹の鳥の群を見た。
写真に収められなくて残念だった。


本日の走行距離は5.6km。累積標高差321m。

|

« ディーラーオプション | トップページ | 憧れのステーションワゴン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/3191710

この記事へのトラックバック一覧です: ベニマシコ:

« ディーラーオプション | トップページ | 憧れのステーションワゴン »